Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

マルチタスク データ転送

説明

マルチタスク モードで動作している 2 つのブロック間で無効なレート変換が起きたときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: エラー

警告

Simulink® ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • このパラメーターを使用すると、異なるサンプルレートで動作するブロック間のサンプルレート変換に対するエラー チェックを調整できます。

  • このオプションをリアルタイム マルチタスク システムのモデルで使用すると、タスク間の無効なレート変換を確実に検出して、あるタスクの出力が別のタスクによって必要とされたときに利用できなくなるような事態を防ぐことができます。さらに Rate Transition ブロックを使用すれば、これらの無効なレート変換をモデルから排除できます。

コマンド ライン情報

パラメーター: MultiTaskRateTransMsg
値: 'warning' | 'error'
既定の設定: 'error'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック