Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Signal Specification ブロックで指定されたサンプル時間にする

説明

Signal Specification ブロックで指定される信号のソース端子のサンプル時間が信号の伝達先の端子と異なるときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

Simulink® ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

メモ

この診断の設定は、モデル コンフィギュレーション パラメーターの [コード生成][最適化] ペインの [既定のパラメーター動作] パラメーターが [調整可能] に設定されている場合は無視されます。

ヒント

  • Signal Specification ブロックを使用すると、ブロックの入出力端子に接続された信号の属性を指定できます。指定した属性が、端子に接続されたブロックにより指定された属性と一致しない場合、Simulink はモデルをコンパイルするとき、たとえばシミュレーションの開始時にエラーを表示します。一致しない場合、Simulink はコンパイルされたモデルから Signal Specification ブロックを除外します。

  • Signal Specification ブロックを使用すると、信号の実際の属性が指定した属性と確実に一致するようにしたり、信号属性をモデル全体に正しく伝播したりできるようになります。

コマンド ライン情報

パラメーター: SigSpecEnsureSampleTimeMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック