Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

シングル タスク データ転送

説明

シングルタスク モードで動作している 2 つのブロック間でレート変換が起きたときに行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: なし

なし

Simulink® は何のアクションも実行しません。

警告

Simulink によって警告が表示されます。

エラー

Simulink はシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • このパラメーターを使用すると、異なるサンプルレートで動作するブロック間のサンプルレート変換に対するエラー チェックを調整できます。

  • シングルタスク システムをモデル化しているときは、このパラメーターを使用してください。シングルタスク システムでは、タスクの同期が問題となりません。

  • 可変ステップ ソルバーは常にシングル タスクであるため、このパラメーターが適用されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: SingleTaskRateTransMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'none'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策なし または エラー

関連するトピック