Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

同じ優先順位をもつタスク

説明

同じ優先順位をもつために、ターゲット システムで相互にプリエンプトし合う可能性のある 2 つのタスクが Simulink® によって検出された場合に行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

Simulink ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • このモデルによって表されるターゲットの非同期タスクの中に、そのターゲットの非同期タスクの 1 つと優先順位が同じものがある場合は、この状態が発生します。

  • 複数のタスクが同じ優先順位をもって相互にプリエンプトし合うことがターゲットによって許可されている場合は、このオプションを エラー に設定しなければなりません。

コマンド ライン情報

パラメーター: TasksWithSamePriorityMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策なし または エラー

関連するトピック