最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

-1 のサンプル時間が指定されたソース ブロック

説明

-1 というサンプル時間がソース ブロック (Sine Wave ブロックなど) によって指定されている場合に行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

Simulink® ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • Random Source ブロックはこのパラメーターを無視します。[サンプル時間] パラメーターが -1 に設定されている場合、Random Source ブロックは出力端子からサンプル時間を継承し、警告やエラーを一切生成しません。

  • 一部の Communications Toolbox™ ブロックは、サンプル時間を内部で継承するため、有効なモデリング手法として役立てることができます。これらのタイプのモデルの場合、このパラメーターは なし に設定してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: InheritedTsInSrcMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'none'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック