Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

指定のないサンプル時間の継承

説明

サンプル時間を親モデルから継承できないようにするかどうかが指定されていない S-Function がこのモデルに含まれている場合に行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

Simulink® ソフトウェアはいかなるアクションも実行しません。

警告

Simulink ソフトウェアが警告を表示します。

エラー

Simulink ソフトウェアはシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

  • 継承ルールを指定しないと、間違ったシミュレーション結果が返される可能性があります。

  • Simulink では、このモデルをシミュレーションするために使用されるソルバーが固定ステップ離散ソルバーであり、ソルバーの周期的なサンプル時間の制約がサンプル時間の独立性を確保するように設定されている場合に限り、この条件がチェックされます。

  • 詳細については、周期的なサンプル時間の制約を参照してください。

コマンド ライン情報

パラメーター: UnknownTsInhSupMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック