Main Content

modeladvisor

モデル アドバイザーを開く

説明

modeladvisor(model) は、model で指定されるモデルまたはサブシステムのモデル アドバイザーを開きます。指定したモデルまたはサブシステムが開いていない場合、このコマンドにより開きます。

Simulink® Check™ ライセンスをお持ちの場合は、名前と値のペアを modeladvisor(model,'configuration',configfile) で指定できます。これは、カスタム コンフィギュレーションを含むモデル アドバイザーを開きます。コンフィギュレーションは、モデル アドバイザーのフォルダーとチェックの構成を定義します。詳細については、モデル アドバイザー カスタム構成の作成と展開 (Simulink Check)を参照してください。

すべて折りたたむ

サンプル モデル vdp のモデル アドバイザーを開きます。

modeladvisor('vdp')

サンプルモデル f14 における Aircraft Dynamics Model Subsystem のモデル アドバイザーを開きます。

modeladvisor('f14/Aircraft Dynamics Model')

現在選択されているモデルのモデル アドバイザーを開きます。

modeladvisor(bdroot)

現在選択されているサブシステムのモデル アドバイザーを開きます。

modeladvisor(gcs)

入力引数

すべて折りたたむ

モデルまたはサブシステムの名前、またはハンドルを文字ベクトルで指定します。

データ型: char

フォルダーとチェックのモデル アドバイザー カスタム コンフィギュレーションを含むファイル (Simulink Check ライセンスで利用可能)。

データ型: char

バージョン履歴

R2006a より前に導入