ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル チェックの実行

正確かつ効率的にモデルがシミュレーションできるかどうかをチェック

モデル アドバイザーは、モデルやサブシステムに、不正確または非効率的なシミュレーションを引き起こす可能性のある条件およびコンフィギュレーション設定がないかをチェックします。チェックする条件および設定を指定できます。モデル アドバイザー チェックの選択と実行を参照してください。

関数

modeladvisorモデル アドバイザーを開く

クラス

Simulink.ModelAdvisor MATLAB ファイルからモデル アドバイザーを実行する
ModelAdvisor.Preferencesモデル アドバイザー ウィンドウを設定し、表示するフォルダーとタブを指定

モデルのチェック

すべて展開する

接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定
ルート モデルの Inport ブロックの仕様をチェック
最適化設定をチェック
参照モデルに対して無視されたパラメーター調整情報をチェック
暗黙的な信号の関連付けをチェック
最適なバーチャル バスをチェック
slDataTypeAndScale の呼び出しをチェック
不確かな初期条件をもつ Discrete-Time Integrator ブロックをチェック
無効なライブラリ リンクを特定
パラメーター付きのライブラリ リンクを特定
未解決のライブラリ リンクを特定
Variant Subsystem ブロックに変換する Configurable Subsystem ブロックの特定
関数呼び出し接続の使用をチェック
S-Function に対する実行時の診断
Data Store ブロックについて読み取り/書き込みの診断が有効であるかどうかをチェック
マルチタスク、厳密な型指定、優先順位の低下などの問題について、Data Store Memory ブロックをチェック
アップグレード アドバイザーの使用
微分端子を駆動する連続でない信号をチェック
バス信号を使った構造体パラメーターの使用のチェック
潜在的に遅れる Function-Call Subsystem の戻り値をチェック
連続サンプル時間と浮動小数点でないデータ型をもつブロックの出力信号を特定
Merge ブロックの使用をチェック
Outport ブロックの使用をチェック
Discrete-Time Integrator ブロックの使用をチェック
簡易初期化モードに移行するためのモデル設定をチェック
モデリング エラーに対して Data Store ブロック サンプル時間をチェック
データ ストア アクセスに関する順序の問題がないかどうかをチェック
厳密な単精度の設計に対して問題のある演算を特定
対象外の文字がないかモデルをチェック
モデル履歴プロパティのチェック

トピック

モデル アドバイザー チェックの選択と実行

モデル アドバイザーを使用してモデルやサブシステムをチェックし、選択した条件やコンフィギュレーション セットが不正確で効率の悪いシミュレーション結果に導く可能性がないかを調べます。

モデル チェック結果への対処

モデル アドバイザーの解析後、結果を強調表示してチェックの警告を修正できます。

モデル解析時間の節約

モデルで一貫して同じチェックのセットを実行し、解析時間を短縮するには、モデル アドバイザー ダッシュボードを使用します。

バックグラウンドでのモデル チェックの実行

Parallel Computing Toolbox™ を所有している場合、バックグラウンドでモデル アドバイザーを実行できます。

モデル アドバイザー レポートの保存と表示

モデル アドバイザーは HTML 形式のチェック結果レポートも生成します。

モデル アドバイザーの制限

モデル アドバイザーを使用してモデルをチェックする場合、いくつかの制限が適用されます。

注目の例