最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ModelAdvisor.Preferences クラス

パッケージ: ModelAdvisor
スーパークラス:

モデル アドバイザー ウィンドウを設定し、表示するフォルダーとタブを指定

説明

このクラスのインスタンスを使用して、モデル アドバイザーを設定します。

作成

コンストラクター ModelAdvisor.Preferences は、既定のプロパティ値を使用して、このクラスのインスタンスを作成します。

ModelAdvisor.Preferences クラスのインスタンス modelPreferences を作成します。

modelPreferences = ModelAdvisor.Preferences;

プロパティ

すべて展開する

モデル アドバイザー ウィンドウでの [製品別] フォルダーの選択。既定値は true です。

例: true

データ型: logical

モデル アドバイザー ウィンドウでの [コード生成アドバイザー][アップグレード アドバイザー] および [パフォーマンス アドバイザー] の表示。これらのアドバイザーを使用すると、コード生成のモデルを構成したり、現在のリリース用にモデルをアップグレードしたり、パフォーマンスを改善することができます。

例: true

データ型: logical

モデル アドバイザー ウィンドウでの [製品別] フォルダーの表示。既定値は true です。

例: true

データ型: logical

モデル アドバイザー ウィンドウでの [タスク別] フォルダーの表示。既定値は true です。

例: true

データ型: logical

モデル アドバイザー レポートに対象外指定を含めるかどうか。既定値は true です。

例: true

データ型: logical

モデル アドバイザー ウィンドウでの [対象外指定] タブの表示。既定値は false です。[対象外指定] タブをクリックすると、モデル アドバイザー ウィンドウに、モデルアドバイザー解析から除外されたチェックが表示されます。

例: true

データ型: logical

モデル アドバイザー ウィンドウでの [ソース] タブの表示。既定値は false です。[ソース] タブをクリックすると、モデル アドバイザー ウィンドウに、チェックのタイトル、TitleID およびチェック対象の MATLAB® ソース コードの場所が表示されます。

例: true

データ型: logical

[製品別] フォルダの表示をオフにする

この例では、モデル アドバイザー ウィンドウに [製品別] フォルダーを表示しない方法を示します。

mp = ModelAdvisor.Preferences;
mp.load;
mp.ShowByProduct = false;
mp.save

代替方法

[モデル アドバイザーの設定] ダイアログ ボックスを使用してモデル アドバイザーの設定を設定できます。

  • [モデル アドバイザー] メニューで、[設定][設定] を選択します。

  • モデル エディターから、[モデル化] タブで [モデル アドバイザー][設定] を選択します。

R2014b で導入