ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル アドバイザー チェックの選択と実行

モデル アドバイザーの概要

モデル アドバイザーはモデルやサブシステムをチェックして、条件やコンフィギュレーション設定に、モデルが表現しているシステムのシミュレーションを不正確にしたり非効率にする条件が含まれていないかを調べます。Simulink® Coder™ または Simulink Check™ を使用している場合、モデル アドバイザーは非効率的なコードまたはセーフティ クリティカルなアプリケーションに不適切なコードの生成につながるモデル設定がないかを調べることができます。Simulink Design Verifier™ を使用している場合、モデル アドバイザーは設計エラーをチェックできます。エラーが報告されると、エラーを再現するテスト ケースを表示できます。

モデル アドバイザーは、問題のある条件や設定を検出してそのリストをレポートに出力します。必要に応じて改善のためのモデル コンフィギュレーション設定を提案します。

ソフトウェアは、本来複雑なため、エラーが発生する可能性があります。モデル アドバイザーのチェックにもバグが発見される場合があります。MathWorks® では、バグ レポート システムの注意するべき既知のバグを https://www.mathworks.com/support/bugreports/ で報告しています。バグ レポートは、各リリースのドキュメンテーションの一部です。リリースのすべてのバグ レポートを定期的に検証します。このレポートにより、使用しているリリースの実際の動作とこのドキュメンテーションで説明する動作が違う場合にそれを識別できます。

モデル アドバイザーのチェックをモデルに適用すると、一定のモデリング標準やガイドラインに違反しないモデルが作成される可能性が高くなりますが、そのことは開発中のシステムの安全性やエラーが存在しないことを保証するものではありません。複数の手法を導入して、開発中のシステムが意図したとおりに機能しており、想定外の動作をしていないことを検証するのは、最終的にはユーザーの責任です。

モデル アドバイザー チェックの実行

  1. モデル アドバイザーのモデル例 sldemo_mdladv を開きます。

  2. モデル アドバイザーを起動します。モデル エディターで、[解析][モデル アドバイザー][モデル アドバイザー] または [モデル アドバイザー ダッシュボード] を選択します。以前の解析で使用されたチェックがダッシュボードに保持されています。これらの同じチェックを再読み込みすることなく実行でき、解析時間を短縮できます。

  3. モデル エクスプローラーの [コンテンツ] ペインで、[Advice for model] を選択します。model はチェック対象のモデルの名前です。

  4. モデル エディターでチェック対象のサブシステムを右クリックし、コンテキスト メニューで [モデル アドバイザー] を選択します。

  5. コマンド プロンプトで modeladvisor('sldemo_mdladv') と入力します。

  6. [システム セレクター] ダイアログ ボックスで、sldemo_mdladv などの解析するモデルまたはシステムを選択します。[OK] をクリックします。

  7. モデル アドバイザーの左側のペインで、[製品別] および [タスク別] フォルダーを展開し、そのサブフォルダーを表示します。[タスク別] フォルダーに特定のタスクに関連するチェックが表示されます。たとえば、モデルにシミュレーションの精度が設定されているかを判断するためのチェックを実行するには、[シミュレーションの精度] フォルダーでチェックを選択します。

  8. [製品別] フォルダーに特定の製品で使用できるチェックが表示されます。

  9. [設定][設定] を選択して、表示されているフォルダーを制御します。

  10. 左側のペインで、モデルで実行するチェックを選択します。たとえば、[製品別]、[Simulink] フォルダーでチェックを選択します。

チェック結果の表示

チェック結果の HTML レポートを開くには、次を行います。

  1. モデル アドバイザーの右側のペインで [実行後にレポートを表示] を選択します。

  2. ツール バーで、[選択したチェックを実行] または をクリックします。レポートを表示するオプションを選択した場合は、モデル アドバイザーがチェックを実行した後、ブラウザーに結果が表示されます。

    チェック ステータス結果は、次のとおりです。

    • パス ─ チェックによって問題は特定されませんでした。

    • D-Pass ─ コンフィギュレーション パラメーターに依存します。チェックによって問題は特定されませんでした。

    • 警告 ─ チェックによって問題が特定されました。

    • 失敗 ─ チェックの実行は失敗します。

  3. 結果を確認し、警告または不具合を必要に応じて修正します。

モデル アドバイザー ウィンドウの設定

[モデル アドバイザーの設定] ダイアログ ボックスを開くには、ツール バーで、[設定][設定] を選択します。

動作選択

製品ごとの使用可能なチェックの表示

[製品別フォルダーを表示]

特定のタスクに関連するチェックの表示

[タスク別フォルダーを表示]

チェックのタイトル、タイトル ID、MATLAB® ソース コードの場所の表示

[[ソース] タブを表示][ソース] タブに、チェックのソース情報が表示されます。

モデル アドバイザー解析の対象外となるチェックの表示

[[対象外指定] タブを表示][対象外指定] タブに、モデル アドバイザー解析から対象外となったチェックが表示されます。

チェックの表示と実行

動作モデル アドバイザー オプション

特定のタスクに関連するチェックの表示

[タスク別] を選択します。

製品ごとの使用可能なチェックの表示

[製品別] を選択します。

チェックおよびフォルダーの検索

[検索] フィールドにテキストを入力して [次を検索] ボタン () をクリックします。モデル アドバイザーは、チェック名、フォルダー名および解析の記述を検索します。

実行しないチェックのステータスをリセット

左側のペインで [モデル アドバイザー] を右クリックし、[リセット] を選択します。

一部またはすべてのチェックの選択

チェックおよびフォルダーのチェック ボックスをオンにします。

選択したチェックの実行

モデル アドバイザー ウィンドウのツール バーで、[選択したチェックを実行] () をクリックします。

一貫した同じチェック セットの実行

モデルで一貫して同じチェックのセットを実行するには、モデル アドバイザー ダッシュボードを使用します。

操作オプション

チェックの選択および表示

モデル アドバイザー ウィンドウで、[標準表示への切り替え] トグル () ボタンをクリックします。

チェックの実行

[チェックの実行] () をクリックします。

別のブラウザー ウィンドウでのレポートの表示

[レポートを開く] をクリックします。

強調表示された結果の表示

[強調表示の有効化] トグル () ボタンをクリックします。

プログラムによるモデル チェックの実行

Simulink Check を使用している場合、モデル アドバイザーをプログラムによって実行することができるように MATLAB スクリプトと関数を作成できます。たとえば、モデルを開いてシミュレーションを開始するときに毎回、指定した一連のモデル アドバイザーのチェックにモデルが合格するかどうかを調べる関数 ModelAdvisor.run を作成できます。Simulink Coder がある場合、この関数を使用してモデルからコードを生成できます。

その他のアドバイザーへのアクセス

モデル アドバイザー ウィンドウからその他のアドバイザーにアクセスできます。

操作選択

コード生成の目的を満たすモデルの設定

[コード生成アドバイザー]コード生成アドバイザーを使用したアプリケーションの目的 (Simulink Coder)を参照してください。

現在のリリースでのモデルのアップグレードおよび改善

[アップグレード アドバイザー]アップグレード アドバイザーの使用を参照してください。

モデルのシミュレーション パフォーマンスの改善

[パフォーマンス アドバイザー]パフォーマンス アドバイザーを使用したシミュレーション パフォーマンスの改善を参照してください。

参考

関連する例

詳細