Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink Design Verifier のチェック

Simulink Design Verifier のチェックの概要

これらのチェックは、Simulink® Design Verifier™ の解析を行うためのモデルの準備に役立ちます。Simulink Design Verifier のチェックを実行すると、モデル アドバイザーは Simulink Design Verifier ライセンスをチェックアウトします。

モデル アドバイザーの詳細については、モデル アドバイザー チェックの実行モデル アドバイザー チェック実行の自動化を参照してください。

Simulink Design Verifier との互換性チェック

チェック ID: mathworks.sldv.compatibility

Simulink Design Verifier の解析でサポートされていない要素を特定します。

説明

このチェックでは、モデルと Simulink Design Verifier との互換性を評価します。

結果と推奨アクション

条件推奨アクション
非互換

次に示すサポートされていないソフトウェア機能または Simulink ブロックは、解析するモデルまたはモデル コンポーネント内で使用しないようにしてください。

部分的に互換
互換Simulink Design Verifier はモデルを解析できます。

参考

デッド ロジックの検出

チェック ID: mathworks.sldv.deadlogic

シミュレーション中にアクティブにならないロジックを特定します。

説明

このチェックは、シミュレーション中にアクティブにならないモデルの部分を特定します。

Simulink Design Verifier の設計エラー検出を使用すると、より詳しい解析を実行してデッド ロジックとアクティブ ロジックの両方を特定することができます。詳細は、不適切な値を原因とするデッド ロジックの検出を参照してください。

このチェックの推奨事項に従うと、組み込みアプリケーション用の MISRA C:2012 準拠コードと、CERT C 標準および CWE 標準に準拠するコードが生成される可能性が高くなります。

結果と推奨アクション

結果推奨アクション
失敗。モデルに互換性がない

モデルの非互換性を解決します。以下を参照してください。

自動スタブによる非互換性処理も参照してください。

デッド ロジックがモデルで検出されたSimulink Design Verifier によって、これらの判定と条件結果は発生し得ず、モデルにおいてデッド ロジックであることが証明されました。デッド ロジックは、パラメーターに指定された制約や、入力ポートに指定された最小制約および最大制約の副作用である場合もあります。また、Simulink Design Verifier による近似が原因でデッド ロジックが発生することも稀にあります。この解析で判定されなかったオブジェクティブが存在する可能性があります。解析の結果を拡張するには、アクティブ ロジックも特定できる Simulink Design Verifier の設計エラー検出を使用してください。Simulink エディターから、[アプリ][Design Verifier][設定] を選択します。[コンフィギュレーション パラメーター] ウィンドウで、[Design Verifier][設計エラー検出] ペインから、[デッド ロジック][アクティブ ロジックの特定] の両方を選択します。
デッド ロジックがモデルで検出されなかったSimulink Design Verifier はモデル内でデッド ロジックを検出しませんでした。この解析で判定されなかったオブジェクティブが存在する可能性があります。解析の結果を拡張するには、アクティブ ロジックも特定できる Simulink Design Verifier の設計エラー検出を使用してください。Simulink エディターから、[アプリ][Design Verifier][設定] を選択します。[コンフィギュレーション パラメーター] ウィンドウで、[Design Verifier][設計エラー検出] ペインから、[デッド ロジック][アクティブ ロジックの特定] の両方を選択します。

参考

範囲外配列アクセスの検出

チェック ID: mathworks.sldv.arraybounds

配列のインデックスの範囲外にアクセスする操作を検出します

説明

このチェックは Simulink Design Verifier で、配列の範囲外へのアクセスを行うインスタンスを検出します。

このチェックの推奨事項に従うと、組み込みアプリケーション用の MISRA C:2012 準拠コードと、CERT C 標準、CWE 標準、ISO/IEC TS 17961 標準に準拠するコードが生成される可能性が高くなります。

結果と推奨アクション

結果推奨アクション
失敗。モデルに互換性がない

モデルの非互換性を解決します。次を参照してください。

自動スタブによる非互換性処理も参照してください。

モデル内で配列の範囲外へのアクセスを検出

配列の範囲外へのアクセスの原因となる条件を表示するには、ハーネス モデルを作成します。ハーネスのシミュレーションを行うと、入力はエラーを再現します。モデル アドバイザー レポートで [テスト ケースを表示] をクリックします。

参考

ゼロ除算の検出

チェック ID: mathworks.sldv.divbyzero

モデル内のゼロ除算エラーを検出します

説明

このチェックは、ゼロ除算エラーの原因となるモデル内の演算を特定します。

このチェックの推奨事項に従うと、組み込みアプリケーション用の MISRA C:2012 準拠コードと、CERT C 標準、CWE 標準、ISO/IEC TS 17961 標準に準拠するコードが生成される可能性が高くなります。

結果と推奨アクション

結果推奨アクション
失敗。モデルに互換性がない

モデルの非互換性を解決します。次を参照してください。

自動スタブによる非互換性処理も参照してください。

モデル内でゼロ除算を検出

ゼロ除算の原因となる条件を表示するには、ハーネス モデルを作成します。ハーネスのシミュレーションを行うと、入力はエラーを再現します。モデル アドバイザー レポートで [テスト ケースを表示] をクリックします。

参考

整数オーバーフローの検出

チェック ID: mathworks.sldv.integeroverflow

モデル内の整数または固定小数点データのオーバーフロー エラーを検出します

説明

このチェックは、整数または固定小数点の演算でのデータ型範囲を超える演算を特定します。

このチェックの推奨事項に従うと、組み込みアプリケーション用の MISRA C:2012 準拠コードと、CERT C 標準、CWE 標準、ISO/IEC TS 17961 標準に準拠するコードが生成される可能性が高くなります。

結果と推奨アクション

結果推奨アクション
失敗。モデルに互換性がない

モデルの非互換性を解決します。次を参照してください。

自動スタブによる非互換性処理も参照してください。

モデル内で整数のオーバーフローを検出

整数のオーバーフローの原因となる条件を表示するには、ハーネス モデルを作成します。ハーネスのシミュレーションを行うと、入力はエラーを再現します。モデル アドバイザー レポートで [テスト ケースを表示] をクリックします。

参考

非有限で NaN の浮動小数点値の検出

チェック ID: mathworks.sldv.infnan

モデル内の非有限で NaN の浮動小数点値を検出します。

説明

このチェックは、モデル内に出現する非有限で NaN の浮動小数点値を検出します。

結果と推奨アクション

結果推奨アクション
失敗。モデルに互換性がない

モデルの非互換性を解決します。次を参照してください。

自動スタブによる非互換性処理も参照してください。

モデル内で、非有限で NaN の浮動小数点値を検出

非有限で NaN の浮動小数点値が出現する原因となる条件を確認するには、ハーネス モデルを作成します。ハーネスのシミュレーションを行うと、入力はエラーを再現します。モデル アドバイザー レポートで [テスト ケースを表示] をクリックします。

参考

非正規浮動小数点値の検出

チェック ID: mathworks.sldv.subnormal

モデル内の非正規浮動小数点値を検出します。

説明

このチェックは、モデル内に出現する非正規浮動小数点値を検出します。

結果と推奨アクション

結果推奨アクション
失敗。モデルに互換性がない

モデルの非互換性を解決します。次を参照してください。

自動スタブによる非互換性処理も参照してください。

モデル内で、非正規浮動小数点値を検出

非正規浮動小数点値が出現する原因となる条件を確認するには、ハーネス モデルを作成します。ハーネスのシミュレーションを行うと、入力はエラーを再現します。モデル アドバイザー レポートで [テスト ケースを表示] をクリックします。

参考

指定された最小値と最大値の違反の検出

チェック ID: mathworks.sldv.minmax

指定された最小値と最大値を超える信号を検出します

説明

この解析は、モデル全体の中間信号および出力端子について、指定された最小値と最大値 (設計範囲) をチェックします。解析により信号が設計範囲を超えることが検出されると、その結果によりモデルでエラーが発生した場所が特定されます。

このチェックの推奨事項に従うと、組み込みアプリケーション用の MISRA C:2012 準拠コードと、CERT C 標準および CWE 標準に準拠するコードが生成される可能性が高くなります。

結果と推奨アクション

結果推奨アクション
失敗。モデルに互換性がない

モデルの非互換性を解決します。次を参照してください。

自動スタブによる非互換性処理も参照してください。

モデル内で最小値/最大値の違反を検出

違反の原因となる条件を表示するには、ハーネス モデルを作成します。ハーネスのシミュレーションを行うと、入力はエラーを再現します。モデル アドバイザー レポートで [テスト ケースを表示] をクリックします。

参考

データ ストアのアクセス違反の検出

チェック ID: mathworks.sldv.dsmaccessviolations

モデルでのデータ ストアのアクセス違反の検出。

説明

このチェックは、以下のデータ ストアのアクセス違反を検出します。

  • 書き込み前の読み取り

  • 読み取り後の書き込み

  • 書き込み後の書き込み

結果と推奨アクション

結果推奨アクション
失敗。モデルに互換性がない

モデルの非互換性を解決します。以下を参照してください。

データ ストアのアクセス違反が見つかった

モデル アドバイザー レポートで、[テスト ケースを表示] をクリックします。ハーネス モデルが作成され、そのエラーを再現するテスト ケースが Signal Builder ブロックに表示されます。

参考

ブロック入力範囲違反の検出

チェック ID: mathworks.sldv.blockinputrangeviolations

モデルでブロック入力範囲違反を検出します。

説明

このチェックでは、次のような設定をもつブロックの入力範囲違反を検出します。

メモ

このチェックは、[内挿法][Akima スプライン] または [3 次スプライン] に設定されている場合、n-D Lookup Table ブロックのブロック入力範囲違反にフラグを立てません。

結果と推奨アクション

結果推奨アクション
失敗。モデルに互換性がない

モデルの非互換性を解決します。以下を参照してください。

見つかったブロック入力範囲違反

モデル アドバイザー レポートで、[テスト ケースを表示] をクリックします。ハーネス モデルが作成され、そのエラーを再現するテスト ケースが Signal Builder ブロックに表示されます。

参考

Math Function ブロック (関数 rem および関数 reciprocal) の使用をチェック

チェック ID: mathworks.sldv.hismviolationshisl_0002

説明

非有限の結果の原因となる関数 rem および関数 reciprocal を使用している Math Function ブロックの使用を特定します。

結果と推奨アクション

条件推奨アクション
モデルまたはサブシステムには、結果として非有限の出力信号を生じる可能性のある、逆数 (reciprocal) ブロックまたは剰余 (rem) ブロックの Math Function が含まれています。非有限の信号は、リアルタイムの組み込みシステムではサポートされていません。関数ブロック rem または関数ブロック reciprocal をもつ Math Function ブロックを使用する場合は、ブロックへの入力がゼロ以下にならないよう保護します。

参考

Sqrt ブロックの使用をチェック

チェック ID: mathworks.sldv.hismviolationshisl_0003

説明

負になる可能性のある入力をもつ Sqrt ブロックを特定します。

結果と推奨アクション

条件推奨アクション
モデルの 1 つ以上の Sqrt ブロックに、シミュレーション中に負になる可能性のある入力があります。Sqrt ブロックの入力が負にならないよう保護するために、再モデル化を行います。

参考

Math Function ブロック (関数 log および関数 log10) の使用をチェック

チェック ID: mathworks.sldv.hismviolationshisl_0004

説明

非有限の結果の原因となる関数 log および関数 log10 を使用している Math Function ブロックの使用を特定します。

結果と推奨アクション

条件推奨アクション
モデルの 1 つ以上の Math ブロックで自然対数または 10 を底とする対数 (Log および Log10) ブロックが使用されており、非有限数のサポートが必要となる可能性がありますが、これはリアルタイムの組み込みシステムではサポートされていません。ブロックの入力をゼロ以下にならないようにして保護することを検討してください。

参考

Reciprocal Sqrt ブロックの使用をチェック

チェック ID: mathworks.sldv.hismviolationshisl_0028

説明

ゼロまたは負になる可能性のある入力をもつ Reciprocal Sqrt ブロックを特定します。

結果と推奨アクション

条件推奨アクション
モデルの 1 つ以上の Reciprocal Sqrt ブロックに、シミュレーション中にゼロまたは負になる可能性のある入力があります。Reciprocal Sqrt ブロックの入力が負にならないよう保護するために、再モデル化を行います。

参考