Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Design Verifier ペイン: 設計エラー検出

設計エラー検出ペインの概要

Simulink® Design Verifier™ による解析モデルの実行時エラー検出方法を制御するオプションを指定します。

デッド ロジック (一部)

モデルのデッド ロジックを解析するかどうかを指定します。これは結果として部分的な解析となる可能性があります。常に網羅的解析を実行するには、[網羅的解析を実行] を選択します。

設定

既定の設定: オフ

オン

モデルで特定されたデッド ロジックをレポートします。

オフ

デッド ロジックの解析を行いません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectDeadLogic
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

網羅的解析を実行

[デッド ロジック (一部)] チェックに基づいてビルドします。モデルでデッド ロジックの網羅的解析を実行するにはこのオプションを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

モデルでデッド ロジックの網羅的解析を実行します。

オフ

モデルでデッド ロジックの網羅的解析を実行しません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectActiveLogic
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

依存関係

このパラメーターは [デッド ロジック (一部)] に依存しており、[デッド ロジック (一部)] が共に有効になっている場合にのみ動作します。

参考

デッド ロジックの検出

配列の範囲外へのアクセス

モデルで配列の範囲外へのアクセス エラーを解析するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

モデル内の配列の範囲外へのアクセス エラーをレポートします。

オフ

モデル内の配列の範囲外へのアクセス エラーをレポートしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectOutOfBounds
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

参考

配列の範囲外へのアクセス エラーの検出

データ ストアのアクセス違反

データ ストアのアクセス違反についてモデルを解析するかどうかを指定します。設計エラー検出は、Data Store Memory ブロックに関連する以下の違反をチェックします。

  • 書き込み前の読み取り

  • 読み取り後の書き込み

  • 書き込み後の書き込み

設定

既定の設定: オフ

オン

モデル内のデータ ストアのアクセス違反をレポートします。

オフ

モデル内のデータ ストアのアクセス違反をレポートしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectDSMAccessViolations
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

アクセス順序エラーの検出

ゼロ除算

モデルでゼロ除算エラーを解析するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

モデル内のゼロ除算エラーをレポートします。

オフ

モデル内のゼロ除算エラーをレポートしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectDivisionByZero
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

参考

整数オーバーフローおよびゼロ除算エラーの検出

整数のオーバーフロー

モデルで整数または固定小数点データのオーバーフロー エラーを解析するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オン

オン

モデル内の整数または固定小数点データのオーバーフロー エラーをレポートします。

オフ

モデル内の整数または固定小数点データのオーバーフロー エラーをレポートしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectIntegerOverflow
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

参考

整数オーバーフローおよびゼロ除算エラーの検出

非有限で NaN の浮動小数点値

モデルの非有限で NaN の浮動小数点値を解析するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

モデル内の非有限で NaN の浮動小数点値についてレポートします。

オフ

モデル内の非有限で NaN の浮動小数点値についてレポートしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectInfNaN
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

非有限、NaN、および非正規の浮動小数点値の検出

非正規浮動小数点値

モデルの非正規浮動小数点値を解析するかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

モデルの非正規浮動小数点値についてレポートします。

オフ

モデルの非正規浮動小数点値についてレポートしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectSubnormal
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

非有限、NaN、および非正規の浮動小数点値の検出

指定された最小値と最大値の違反

モデル内の中間信号および出力信号がユーザー指定の最小制約および最大制約の範囲内にあることをチェックするかどうかを指定します。

設定

既定の設定: オフ

オン

中間信号および出力信号がユーザー指定の最小制約および最大制約の範囲内であることをチェックします。

オフ

中間信号および出力信号がユーザー指定の最小制約および最大制約の範囲内であることをチェックしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDesignMinMaxCheck
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

指定された最小値および最大値の違反チェック

指定したブロック入力範囲違反

モデルのブロック入力範囲違反を解析するかどうかを指定します。チェックでは、次のような設定をもつブロックの入力範囲違反を検出します。

メモ

このチェックは、[内挿法][Akima スプライン] または [3 次スプライン] に設定されている場合、n-D Lookup Table ブロックのブロック入力範囲違反にフラグを立てません。

メモ

このチェックは、[関数] パラメーターが atan2 で入力信号のデータ型が double である [CORDIC][近似法] を使用する、Trigonometric Function ブロックのブロック入力範囲違反にフラグを立てません。

設定

既定の設定: オフ

オン

モデルのブロック入力範囲違反をレポートします。

オフ

モデルのブロック入力範囲違反をレポートしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectBlockInputRangeViolations
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

ブロック入力範囲違反の検出

Math Function ブロック (関数 rem および reciprocal) の使用方法 - hisl_0002

除算後の剰余 (関数 rem) または関数 reciprocal を使用する Math Function ブロックの使用方法をチェックするかどうかを指定します。

これは、高信頼性システムのモデル化の hisl_0002 チェックに対応します。詳細については、hisl_0002:Math Function ブロックの使用方法 (余剰と逆数) を参照してください。

設定

既定の設定: オフ

オン

モデルでの hisl_0002 チェックの違反をレポートします。

オフ

モデルでの hisl_0002 チェックの違反をレポートしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectHISMViolationsHisl_0002
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

高信頼性モデリング ガイドラインのモデル アドバイザー チェック

Math Function

Square Root ブロックの使用方法 - hisl_0003

複素数を出力値として見なさない Square Root ブロックの使用方法をチェックするかどうかを指定します。

これは、高信頼性システムのモデル化の hisl_0003 チェックに対応します。詳細については、hisl_0003:Square Root ブロックの使用方法を参照してください。

設定

既定の設定: オフ

オン

モデルでの hisl_0003 チェックの違反をレポートします。

オフ

モデルでの hisl_0003 チェックの違反をレポートしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectHISMViolationsHisl_0003
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

高信頼性モデリング ガイドラインのモデル アドバイザー チェック

Sqrt

Math Function ブロック (関数 log および log10) の使用方法 - hisl_0004

複素数を出力値として見なさない自然対数関数 (log) または常用対数 (基底 10) 関数 (log10) を使用する Math Function ブロックの使用方法をチェックするかどうかを指定します。

これは、高信頼性システムのモデル化の hisl_0004 チェックに対応します。詳細については、hisl_0004:Math Function ブロックの使用方法 (自然対数と 10 を底とする対数) を参照してください。

設定

既定の設定: オフ

オン

モデルでの hisl_0004 チェックの違反をレポートします。

オフ

モデルでの hisl_0004 チェックの違反をレポートしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectHISMViolationsHisl_0004
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

高信頼性モデリング ガイドラインのモデル アドバイザー チェック

Reciprocal Square Root ブロックの使用方法 - hisl_0028

Reciprocal Square Root ブロックの使用方法をチェックするかどうかを指定します。

これは、高信頼性システムのモデル化の hisl_0028 チェックに対応します。詳細については、hisl_0028:Reciprocal Square Root ブロックの使用を参照してください。

設定

既定の設定: オフ

オン

モデルでの hisl_0028 チェックの違反をレポートします。

オフ

モデルでの hisl_0028 チェックの違反をレポートしません。

コマンド ライン情報

パラメーター: DVDetectHISMViolationsHisl_0028
タイプ: 文字配列
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

参考

高信頼性モデリング ガイドラインのモデル アドバイザー チェック