Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル チェック結果への対処

モデル アドバイザーのチェックを実行してモデルの警告やエラーを見つけたら、モデル アドバイザーを使用してチェックの警告やエラーを手動で、またはモデル アドバイザーを使用して修正できます。

モデル アドバイザー チェックの警告またはエラーの修正

モデル アドバイザーのチェック結果はモデル アドバイザー チェックによってフラグが設定されるモデル要素を特定します。問題を手動で修正することも、モデル アドバイザーを使用して自動的に修正を適用することもできます。

個々のチェックが失敗する理由の詳細については、チェックに関するドキュメンテーションを参照してください。

  1. モデル アドバイザーの結果で、解析の結果をレビューします。

  2. 次のいずれかの方法で失敗の警告を修正します。

    1. 問題を手動で修正するには、[結果の詳細][失敗した要素] からハイパーリンクを使用して、モデル アドバイザー チェックによってフラグが設定されるモデル要素を開きます。一括変更をコマンド ラインからモデル パラメーターに適用することもできます。

    2. モデル アドバイザーを使用して問題を自動的に修正するには、ツールストリップで [修正] をクリックします。[アクション レポート] ボックスに変更事項の表が表示されます。

  3. チェックがパスすることを確認するには、チェックを再実行します。

    メモ

    すべての警告またはエラーの対処が完了した後、すべてのチェックを再実行して、その他の問題がないことを確認することが重要です。

関連する例

詳細