ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル チェック結果への対処

モデル内の警告やエラーを検出するには、次を実行します。

  • モデル sldemo_mdladv を開きます。ツール バーで、[解析]、[モデル アドバイザー]、[モデル アドバイザー] を選択します。[製品別]、[Simulink] のチェックを選択します。

  • モデル アドバイザー ウィンドウのツール バーで、[選択したチェックを実行] () をクリックします。モデル アドバイザーがモデル内の警告やエラーを検出します。

強調表示されたモデル チェック結果への対処

個別のモデル アドバイザー チェックの解析結果を示すために、モデル ブロック線図に色の強調表示を使用できます。強調表示は Simulink® ブロックおよび Stateflow® チャートで利用可能です。チェックをパスしたブロック、失敗したブロックまたは警告のブロックは、モデル ウィンドウに色で強調表示されます。モデル アドバイザー ウィンドウのツール バーで [強調表示の有効化] () をクリックするか、[強調表示][強調表示の有効化] を選択します。

強調表示機能の選択後、モデル ウィンドウと [モデル アドバイザーの強調表示] 情報ウィンドウが開きます。[モデル アドバイザーの強調表示] 情報ウィンドウにはモデル アドバイザー ウィンドウへのリンクがあり、そこでチェック結果を確認できます。

オレンジの境界線付きの黄色

チェックの失敗または警告の原因になったブロック。

オレンジの境界線付きの白

チェックの警告または失敗の原因になったブロックのあるサブシステム。

グレーの境界線付きの白

強調表示のないブロックまたはサブシステム。

黒の境界線付きのグレー

チェックから対象外指定されたブロック。

黒の境界線付きの白

チェックから対象外指定されたサブシステム。

チェックに警告や失敗があり、モデル ウィンドウがブロックをグレーで強調表示する場合、モデル アドバイザー ウィンドウで結果を詳しく調べてください。モデル アドバイザーのチェックが、パラメーターや診断の設定によって失敗や警告になっている可能性があります。

モデル アドバイザー解析を実行し、強調表示機能を選択した後、強調表示された結果を含むチェックはモデル アドバイザー ウィンドウで アイコン付きで示されます。強調表示は一部のチェックには利用できません。[製品別]、[Simulink] を選択することで、結果が強調表示されていない [モデル アドバイザーの強調表示] ウィンドウにモデル アドバイザーのチェックが表示されます。

モデル アドバイザー ウィンドウの左側のペインで、強調表示されているチェック [接続されていないライン、入力端子、出力端子を特定] を選択します。モデル エディター ウィンドウでは、モデル アドバイザーによって警告に関連するブロックまたはコンポーネントが強調表示されます。この場合、モデル アドバイザーはモデルに適切に接続されていない Gain ブロックと Outport ブロックを検出します。

モデル アドバイザー ウィンドウの右側のペインには、警告に関する詳細情報が表示されます。

[推奨アクション] には警告またはエラーの修正方法の提案が示されます。この場合、未接続のブロックを接続します。

モデル アドバイザー ウィンドウの左側のペインで、強調表示されたチェック [厳密な単精度の設計に対して問題のある演算を特定] を選択します。モデル エディター ウィンドウでは、モデル アドバイザーによって警告に関連するブロックまたはコンポーネントが強調表示されます。この場合、モデル アドバイザーは、[コンフィギュレーション パラメーター][指定不足のデータ型の既定値] の設定によって倍精度を使用する Outport ブロックを検出します。

モデル アドバイザー ウィンドウの右側のペインでは、単精度の警告に関する詳細情報が表示されます。

Outport ブロックの既定の入力が double に設定されます。Outport ブロックが別のブロックに接続されていないため、モデル アドバイザーによって警告が生成されます。モデル ウィンドウとモデル アドバイザー ウィンドウでチェック結果を確認したら、警告やエラーを修正できます。

モデル アドバイザー チェックから除外されるモデル ブロックを表示するには、モデル アドバイザー ウィンドウのツール バーで [強調表示][対象外指定の強調表示] を選択します。Simulink Check™ を使用している場合は、モデル アドバイザー チェックに対して対象外指定を作成または変更できます。

モデル チェックの警告またはエラーの修正

モデルや参照モデルが最適化されていない場合、チェックは失敗する可能性があります。警告は参考情報です。レポートされた問題を修正できますが、修正せずに次のタスクに進むこともできます。個々のチェックが失敗する理由の詳細については、チェックに関するドキュメンテーションを参照してください。

手作業による警告やエラーの修正

警告やエラーを手作業で修正するために、チェックには [解析結果] ボックスがあり、そこに推奨アクションの説明が表示されます。

  1. オプションで、モデルとデータの復元ポイントを保存して、変更を取り消すことができるようにします。

  2. [解析結果] ボックスで推奨アクションを調べて、モデルに変更を加えます。

  3. チェックがパスすることを確認するには、チェックを再実行します。

    警告やエラーを修正するときは、すべてのチェックを再度実行してその結果を更新してください。すべてのチェックを再実行しないと、モデル アドバイザーのレポートに表示されるチェック結果が有効ではない可能性があります。

警告やエラーの自動修正

一部のチェックには自動的にエラーを修正できるアクション ボックスがあります。アクション ボックスでは、[解析] の [結果] ボックスに一覧表示された推奨アクションがすべて適用されます。

  1. オプションで、モデルとデータの復元ポイントを保存して、変更を取り消すことができるようにします。

  2. [アクション] ボックスで、[すべて変更] または [変更] をクリックします。

    [アクション] の [結果] ボックスに変更事項の表が表示されます。

  3. チェックがパスすることを確認するには、チェックを再実行します。

    警告やエラーを修正するときは、すべてのチェックを再度実行してその結果を更新してください。すべてのチェックを再実行しないと、モデル アドバイザーのレポートに表示されるチェック結果が有効ではない可能性があります。

警告やエラーの一括修正

チェックの中には、[結果の探索] ボタンからモデル アドバイザーの結果エクスプローラーを開くことができるようになっているものがあります。モデル アドバイザーの結果エクスプローラーでは、モデルの要素の検索、表示、変更を効率よく行うことができます。

モデル アドバイザーの結果エクスプローラーは、モデル アドバイザーがチェック中の項目のみを変更するのに役立ちます。

チェックが不合格で、結果を検索して一括変更を行う場合、以下の手順に従います。

  1. オプションで、モデルとデータの復元ポイントを保存して、変更を取り消すことができるようにします。

  2. [解析] ボックスで、[結果の探索] をクリックします。

  3. モデル アドバイザーの結果エクスプローラーで、ブロック パラメーターを変更できます。

  4. モデル アドバイザー ウィンドウでチェックを再度実行して合格することを確認します。

    警告やエラーを修正するときは、すべてのチェックを再度実行してその結果を更新してください。すべてのチェックを再実行しないと、モデル アドバイザーのレポートに表示されるチェック結果が有効ではない可能性があります。

変更を元に戻す

モデル アドバイザーにはモデルとデータの復元ポイントを設定する機能があり、モデル アドバイザーの推奨事項に基づいて行った変更を取り消して元に戻すときに利用できます。モデル アドバイザーの既定の構成を復元することもできます。復元ポイントはモデル、ベース ワークスペース、およびモデル アドバイザーのその時点でのスナップショットです。モデル アドバイザーはモデルやサブシステムの復元ポイントを複数の MATLAB® セッションにわたって維持します。

メモ

復元ポイントに保存される項目は、現在作業中のモデル、ベース ワークスペース変数、およびモデル アドバイザー ツリーのみです。その他の項目 (ライブラリや参照されているモデルなど) は保存されません。

既定の設定を元に戻す

モデル アドバイザー ウィンドウで [設定][既定の設定を元に戻す] を選択します。

復元ポイントの保存

復元ポイントは、名前と説明を付けて保存できます。または、モデル アドバイザーで復元ポイントに名前を付けることもできます。

  1. モデル アドバイザー ウィンドウで、[ファイル][別名で復元ポイントを保存] を選択します。

  2. [名前] フィールドで、その復元ポイントの名前を入力します。

  3. [説明] フィールドで、その復元ポイントの識別に役立つ情報をオプションで追加できます。

  4. [保存] をクリックします。

    モデル アドバイザーは現在のモデル、ベース ワークスペース、およびモデル アドバイザーのステータスを復元ポイントとして保存します。

復元ポイントをすぐに保存するには、モデル アドバイザー ウィンドウで [ファイル][復元ポイントの保存] を選択します。モデル アドバイザーでは、復元ポイントに autosaven という名前を付けて保存します。n は復元ポイントの連続番号です。この方法を使用する場合、名前の変更や説明の追加はできません。

復元ポイントの読み込み

  1. オプションで、モデルとデータの復元ポイントを保存して、変更を取り消すことができるようにします。

  2. [ファイル][復元ポイントの読み込み] を選択します。

  3. [モデルとデータの復元ポイントの読み込み] ダイアログ ボックスで、望ましい復元ポイントを選択します。

  4. [読み込み] をクリックします。

    モデル アドバイザーは、復元により、その復元ポイントを保存した後に行った変更が取り消されることを警告します。

  5. 選択した復元ポイントを読み込むには、[読み込み] をクリックします。

    モデル、ベース ワークスペース、およびモデル アドバイザーのステータスが以前の状態に戻ります。

関連するトピック