Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル チェック結果への対処

モデル アドバイザーのチェックを実行してモデルの警告やエラーを見つけたら、モデル アドバイザーを使用して以下を行うことができます。

  • 強調表示を使用してモデル アドバイザーのチェックの結果に対応する

  • チェックの警告やエラーを手動で、またはモデル アドバイザーを使用して修正する

強調表示されたモデル チェック結果への対処

個別のモデル アドバイザー チェックの解析結果を示すために、モデル ブロック線図に色の強調表示を使用できます。チェックをパスしたブロック、失敗したブロックまたは警告のブロックは、モデル ウィンドウに色で強調表示されます。モデル アドバイザーを開いて、[強調表示][強調表示の有効化] をクリックします。

強調表示機能の選択後、モデル ウィンドウと [モデル アドバイザーの強調表示] 情報ウィンドウが開きます。[モデル アドバイザーの強調表示] 情報ウィンドウにはモデル アドバイザー ウィンドウへのリンクがあり、そこでチェック結果を確認できます。

オレンジの境界線付きの黄色

チェックの失敗または警告の原因になったブロック。

オレンジの境界線付きの白

チェックの警告または失敗の原因になったブロックのあるサブシステム。

グレーの境界線付きの白

強調表示のないブロックまたはサブシステム。

黒の境界線付きのグレー

チェックから対象外指定されたブロック。

黒の境界線付きの白

チェックから対象外指定されたサブシステム。

チェックに警告や失敗があり、モデル ウィンドウがブロックをグレーで強調表示する場合、モデル アドバイザー ウィンドウで結果を詳しく調べてください。モデル アドバイザーのチェックが、パラメーターや診断の設定によって失敗や警告になっている可能性があります。

モデル アドバイザー解析を実行し、強調表示機能を選択した後、強調表示された結果を含むチェックはモデル アドバイザー ウィンドウで アイコン付きで示されます。モデル エディター ウィンドウでは、モデル アドバイザーによって警告に関連するブロックまたはコンポーネントが強調表示されます。モデル アドバイザー ウィンドウの右側のペインには、警告に関する詳細情報が表示されます。

[推奨アクション] には警告またはエラーの修正方法の提案が示されます。この場合、未接続のブロックを接続します。

モデル アドバイザー ウィンドウの左側のペインで、強調表示されたチェック [厳密な単精度の設計に対して問題のある演算を特定] を選択します。モデル エディター ウィンドウでは、モデル アドバイザーによって警告に関連するブロックまたはコンポーネントが強調表示されます。この場合、モデル アドバイザーは、コンフィギュレーション パラメーター [指定不足のデータ型の既定値] の設定によって倍精度を使用する Outport ブロックを検出します。

モデル アドバイザー ウィンドウの右側のペインでは、単精度の警告に関する詳細情報が表示されます。

Outport ブロックの既定の入力が double に設定されます。Outport ブロックが別のブロックに接続されていないため、モデル アドバイザーによって警告が生成されます。モデル ウィンドウとモデル アドバイザー ウィンドウでチェック結果を確認したら、警告やエラーを修正できます。

モデル アドバイザー チェックから除外されるモデル ブロックを表示するには、モデル アドバイザー ウィンドウのツール バーで [強調表示][対象外指定の強調表示] を選択します。Simulink® Check™ を使用している場合は、モデル アドバイザー チェックに対して対象外指定を作成または変更できます。

モデル アドバイザー チェックの警告またはエラーの修正

モデル アドバイザーのチェック結果はモデル アドバイザー チェックによってフラグが設定されるモデル要素を特定します。問題を手動で修正することも、モデル アドバイザーを使用して自動的に修正を適用することもできます。

個々のチェックが失敗する理由の詳細については、チェックに関するドキュメンテーションを参照してください。

  1. モデル アドバイザーの結果で、解析の結果をレビューします。

  2. 次のいずれかの方法で失敗の警告を修正します。

    1. 問題を手動で修正するには、ハイパーリンクを使用して、モデル アドバイザー チェックによってフラグが設定されるモデル要素を開きます。一括変更をコマンド ラインからモデル パラメーターに適用することもできます。

    2. モデル アドバイザーを使用して問題を自動的に修正するには、[アクション] ボックスで [すべて変更] または [変更] をクリックします。[アクション] の [結果] ボックスに変更事項の表が表示されます。

  3. チェックがパスすることを確認するには、チェックを再実行します。

    メモ

    すべての警告または失敗の対処が完了した後、すべてのチェックを再実行して、その他の問題がないことを確認することが重要です。

関連する例

詳細