Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR Blockset のチェック

MathWorks Automotive Advisory Board チェック

AUTOSAR 規格の互換性のためにモデルを構成するには、AUTOSAR Blockset のモデル アドバイザー チェックを使用します。

参考

AUTOSAR の準拠に関するモデル コンフィギュレーション パラメーターのチェック

チェック ID: mathworks.autosar.autosar_configset

説明

モデル コンフィギュレーションにおいて AUTOSAR の互換性に適用されるコンフィギュレーション設定をチェックします。

AUTOSAR Blockset で使用できます。

結果と推奨アクション

条件推奨アクション
AUTOSAR と互換性がないモデル コンフィギュレーション パラメーターが 1 つ以上ある。リストされたコンフィギュレーション パラメーターを推奨値に設定します。または、自動修正のオプションを使用して、パラメーターの自動設定もできます。

適切なライセンス (TLC ファイル) を使用して AUTOSAR の準拠on に設定されている場合、チェックで次のモデル パラメーターが確認されます。

パラメーター推奨値自動修正状況の依存関係
AutoInsertRateTranBlkオフオフSTC = STIndependent && SolverMode = SingleTasking
AutosarCompliantオンオン 
AutosarMaxShortNameLength範囲 (32,128)128~isAdaptiveAutosar
CombineOutputUpdateFcnsオンオン 
ERTFilePackagingFormatモジュラーモジュラーCodeInterfacePackaging = 再利用可能な関数
InlineParamsオンオンCodeInterfacePackaging = 再利用可能な関数
RateTransitionBlockCodeインラインインライン 
SFInvalidInputDataAccessInChartInitDiag

警告

エラー

警告 
SimulationMode

標準

外部

SIL

PIL

標準 
SupportComplexオフオフ~isAdaptiveAutosar
SupportContinuousTimeオフオフ 
SupportNonFiniteオフオフ 
SupportNonInlinedSFcnsオフオフ 

機能および制限事項

  • ライブラリ モデルで実行されます。

  • ブロックとチャートの対象外指定を許可します。

参考

AUTOSAR 内挿ルーチンの互換性チェック

チェック ID: mathworks.autosar.lut_replacement_check

説明

AUTOSAR Blockset 内挿ルーチンと互換性がない Simulink® ルックアップ テーブル ブロックを識別します。

AUTOSAR Blockset で使用できます。

結果と推奨アクション

条件推奨アクション
モデル コンフィギュレーション パラメーターの CodeReplacementLibraryNone に設定されます。モデル コンフィギュレーション パラメーター CodeReplacementLibraryNone に設定しないでください。
ブロック タイプ条件推奨アクション
Prelookupパラメーター ExtrapMethodClip に設定されます。

互換性を高めるために AUTOSAR Blockset Prelookup ブロックの使用を検討してください。

n-D Lookup Tableパラメーター NumberOfTableDimensions1 に設定され、パラメーター ExtrapMethodClip に設定されます。

互換性を高めるために AUTOSAR Blockset Curve ブロックの使用を検討してください。

パラメーター NumberOfTableDimensions2 に設定され、パラメーター ExtrapMethodClip に設定されます。

互換性を高めるために AUTOSAR Blockset Map ブロックの使用を検討してください。

Interpolation Using Prelookupパラメーター NumberOfTableDimensions1 に設定され、パラメーター ExtrapMethodClip に設定されます。

互換性を高めるために AUTOSAR Blockset Curve Using Prelookup ブロックの使用を検討してください。

パラメーター NumberOfTableDimensions2 に設定され、パラメーター ExtrapMethodClip に設定されます。

互換性を高めるために AUTOSAR Blockset Map Using Prelookup ブロックの使用を検討してください。

機能および制限事項

  • ライブラリ モデルで実行されます。

  • ライブラリにリンクされたブロックのコンテンツを解析します。既定では、入力パラメーター [リンクに従う][オン] に設定されています。

  • マスク サブシステムの内容を解析します。既定では、入力パラメーター [マスク内を表示][グラフィカル] に設定されています。

  • ブロックとチャートの対象外指定を許可します。

参考