Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント

コンポーネントのプロパティの設定、AUTOSAR 要素への Simulink 要素のマッピング、要素パッケージの設定、モデリング チェックの適用

AUTOSAR アプリケーションは相互接続されたソフトウェア コンポーネントによってモデル化されます。各ソフトウェア コンポーネントは自動車の動作の機能実装をカプセル化しており、適切に定義された外界との接続点をもちます。

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを Simulink® で開発するには、コンポーネントの作成の説明に従って AUTOSAR コンポーネントの初期表現を作成します。結果として得られる表現には以下が含まれます。

  • ポート、ランナブル、インターランナブル変数、パラメーターなど、AUTOSAR 要素をモデル化する Simulink ブロック、接続およびデータ。

  • AUTOSAR 規格で定義されている、ソフトウェア コンポーネント内の AUTOSAR 要素用の保存されたプロパティ。

  • AUTOSAR 要素への Simulink 要素のマッピング。

コード マッピング エディターと AUTOSAR ディクショナリを使用して、コンポーネントの調整と開発を開始します。コード マッピング エディターはコンポーネントの Simulink のパースペクティブを提供します。これにより Simulink 要素を AUTOSAR 要素に選択的にマッピングします。AUTOSAR ディクショナリはコンポーネントの AUTOSAR のパースペクティブを提供します。これにより AUTOSAR 要素とそのプロパティを設定します。はじめに、AUTOSAR コンポーネントの構成を参照してください。

ツール

コード マッピング エディターコード生成用の AUTOSAR 要素のマッピング

関数

すべて展開する

autosar.api.getSimulinkMappingSimulink 要素の AUTOSAR 要素へのマッピング
addSignalSimulink ブロック信号を AUTOSAR マッピングに追加する
getDataStoreSimulink データ ストアの AUTOSAR マッピング情報の取得
getDataTransferSimulink データ転送の AUTOSAR マッピング情報の取得
getFunctionSimulink エントリポイント関数の AUTOSAR マッピング情報の取得
getFunctionCallerSimulink Function Caller ブロックの AUTOSAR マッピング情報の取得
getInportSimulink 入力端子に関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getInternalDataPackagingAUTOSAR コンポーネント モデルに対する内部データの既定パッケージ化の取得
getOutportSimulink 出力端子に関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getParameterSimulink モデル ワークスペース パラメーターに関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getSignalSimulink ブロック信号に関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getStateSimulink ブロック状態の AUTOSAR マッピング情報の取得
mapDataStoreSimulink データ ストアの AUTOSAR 変数へのマッピング
mapDataTransferSimulink データ転送の AUTOSAR インターランナブル変数へのマッピング
mapFunctionSimulink エントリポイント関数を AUTOSAR ランナブルおよびソフトウェアのアドレス メソッドにマッピング
mapFunctionCallerSimulink Function Caller ブロックを AUTOSAR のクライアント ポートとオペレーションにマッピング
mapInportSimulink 入力端子を AUTOSAR ポートにマッピング
mapOutportSimulink 出力端子を AUTOSAR ポートにマッピング
mapParameterSimulink モデル ワークスペース パラメーターを AUTOSAR コンポーネントパラメーターにマッピング
mapSignalSimulink ブロック信号を AUTOSAR 変数にマッピング
mapStateSimulink ブロック状態を AUTOSAR 変数にマッピング
removeSignalAUTOSAR マッピングから Simulink ブロック信号を削除
setInternalDataPackagingAUTOSAR コンポーネント モデルに対する内部データの既定パッケージ化の設定
autosar.api.getAUTOSARPropertiesAUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの要素とプロパティを設定します。
addAUTOSAR 要素へのプロパティの追加
addPackageableElementモデルの AUTOSAR パッケージへの要素の追加
createEnumerationインポートした AUTOSAR 要素を操作するための Simulink 列挙データ型定義の作成
createNumericTypeインポートした AUTOSAR 要素を操作するための Simulink 数値データ型定義の作成
deleteAUTOSAR 要素の削除
deleteUnmappedComponentsマッピングされていない AUTOSAR コンポーネントのモデルからの削除
findAUTOSAR 要素の検索
getAUTOSAR 要素のプロパティの取得
setAUTOSAR 要素のプロパティの設定
autosar.api.createマッピングされた AUTOSAR コンポーネント モデルの作成と更新
autosar.api.deleteAUTOSAR プロパティと Simulink モデルのマッピングの削除
autosar.api.syncModelモデルの Simulink から AUTOSAR へのマッピングを Simulink の変更に合わせて更新
autosar.api.validateModelSimulink モデルの AUTOSAR プロパティとマッピングの検証
autosar_ui_launchAUTOSAR ディクショナリ ダイアログ ボックスを開く
autosar_ui_closeAUTOSAR ディクショナリ ダイアログ ボックスを閉じる
updateAUTOSARPropertiesAUTOSAR 要素の ARXML 定義を使用したモデルの更新
updateModelARXML の変更内容の AUTOSAR モデルへの更新

トピック

AUTOSAR コンポーネントの構成

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのプロパティと Simulink と AUTOSAR の要素間のマッピングを設定します。

コード生成用の AUTOSAR 要素のマッピング

コード マッピング エディターを使用して、Simulink のパースペクティブで AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを表示およびマッピングします。

AUTOSAR コンポーネント モデルから参照されるサブモデルのキャリブレーション データのマッピング

コード マッピング エディターを使用して、AUTOSAR コンポーネントから参照されるサブモデルの内部データを表示およびマッピングします。

AUTOSAR の要素とプロパティの設定

AUTOSAR ディクショナリを使用して、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの要素とプロパティを表示および設定します。

モデル変更後の AUTOSAR マッピングの増分更新

AUTOSAR モデル内の新しい Simulink 要素をインクリメンタルに自動更新およびマッピングする。

AUTOSAR コンポーネントと生成されたコードの設計とシミュレーション

動作アルゴリズムの実装、コンポーネントとコンポジションのシミュレーション、コンポーネント コードの生成を行い、AUTOSAR のコンポーネントを開発します。

AUTOSAR パッケージの構成

階層型の AUTOSAR パッケージ構造内で要素パッケージをインポートまたは定義します。

コンポーネント、インターフェイス、CompuMethod、または SwAddrMethod の AUTOSAR パッケージの構成

AUTOSAR ディクショナリのコンポーネント、インターフェイス、CompuMethod、または SwAddrMethod のビューにパッケージ パスを入力します。

AUTOSAR Blockset のチェック

AUTOSAR Blockset のモデル アドバイザー チェックについて説明する

制限とヒント

AUTOSAR コンポーネント開発に適用される制限です。