Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

autosar.api.create

マッピングされた AUTOSAR コンポーネント モデルの作成と更新

説明

autosar.api.create(model) は、マッピングされた AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント モデル model を作成または更新します。この関数の既定の動作はモデルのマッピング状態に応じて異なります。

  • モデルが AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントにマッピングされていない場合、この関数は Simulink® から AUTOSAR へのマッピングを default モードで作成します。このマッピングでは、Simulink の入力端子と出力端子が AUTOSAR のポートに既定の AUTOSAR プロパティでマッピングされます。

  • モデルが既に AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントにマッピングされている場合、この関数は既存のマッピングを incremental モードで更新します。マッピングされていないモデル要素が検出されてマッピングされ、AUTOSAR ディクショナリが削除されたモデル要素を反映して更新されます。

autosar.api.create(model,mode) は、マッピングの mode を追加で指定します。defaultinit、または incremental のいずれかになります。

autosar.api.create(model,mode,Name,Value) は、マッピングに、1 つ以上の Name,Value のペア引数を使用して追加オプションを指定します。

すべて折りたたむ

モデル コンフィギュレーション パラメーターの [システム ターゲット ファイル]ert.tlc から autosar.tlc または autosar_adaptive.tlc に変更された Embedded Coder® モデルについて、AUTOSAR プロパティと Simulink から AUTOSAR へのマッピングを作成します。モデルの入力端子と出力端子を AUTOSAR のポートに既定の AUTOSAR プロパティでマッピングします。

open_system('rtwdemo_counter');
set_param('rtwdemo_counter','SystemTargetFile','autosar.tlc');
autosar.api.create('rtwdemo_counter');

マッピングされた AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント モデルについて、マッピングを更新してモデルの変更部分のみを反映します。マッピングされていないモデル要素を検出してマッピングし、AUTOSAR ディクショナリを削除されたモデル要素を反映して更新します。

open_system('my_autosar_swc');
autosar.api.create('my_autosar_swc','incremental');

AUTOSAR コンポーネント モデルから参照されるサブモデルに関して、AUTOSAR プロパティと Simulink から AUTOSAR へのマッピングを作成します。

addpath(fullfile(matlabroot,'/help/toolbox/autosar/examples'));
open_system('mAutosarSubModel');
autosar.api.create('mAutosarSubModel','default','ReferencedFromComponentModel',true);

入力引数

すべて折りたたむ

AUTOSAR プロパティと Simulink から AUTOSAR へのマッピングを作成または更新するモデル。モデル名を表すハンドル、文字ベクトル、または string スカラーとして指定します。

例: 'my_model'

モードの既定値はモデルのマッピング状態に応じて異なり、マッピングされていないモデルに対しては default、マッピングされているモデルに対しては incremental になります。

default は、モデルの AUTOSAR プロパティと Simulink から AUTOSAR へのマッピングを作成する場合に指定します。このマッピングでは、モデルの入力端子と出力端子が AUTOSAR のポートに既定の AUTOSAR プロパティでマッピングされます。モデルが既にマッピングされている場合、この関数は既存のマッピングを上書きします。

init は、モデルの AUTOSAR プロパティと Simulink から AUTOSAR へのマッピングを作成する場合に指定します。このマッピングでは、モデルの入力端子と出力端子のマッピングは "行われません"。モデルが既にマッピングされている場合、この関数は既存のマッピングを上書きします。

incremental は、マッピングされている AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント モデルの既存のマッピングを更新する場合に指定します。マッピングされていないモデル要素が検出されてマッピングされ、AUTOSAR ディクショナリが削除されたモデル要素を反映して更新されます。

例: 'default'

名前と値のペアの引数

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は一重引用符で囲まなければなりません。名前と値のペアの引数は、Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように任意の順番で複数指定できます。

例: 'ReferencedFromComponentModel',true はモデルを参照サブモデルとしてマッピングします。

モデルが AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント モデルから参照されるサブモデルであるかどうかを指定します。マッピングされたサブモデルでは、コード マッピング エディターを使用してサブモデルの内部データをキャリブレーション用に設定することができます。

例: 'ReferencedFromComponentModel',true

R2013b で導入