Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR コンポーネントの動作

ランナブル エンティティ、イベント、インターランナブル変数の設定

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの内部動作は一連のランナブル エンティティ (Runnable) によって実装されます。ランナブルは AUTOSAR ランタイム環境で開始可能なコンポーネントによって提供されるオペレーションのシーケンスです。コンポーネントでは各ランナブルを有効にするイベントを設定します (タイミング イベント、データ受信、クライアント要求、モードの変更、コンポーネントの起動またはシャットダウン、トリガーなど)。ランナブルは AUTOSAR インターランナブル変数 (IRV) を使用して相互接続できます。

AUTOSAR ランナブルを設定するには、操作のシーケンスを実装するルートレベルの Simulink® サブシステムまたは関数を作成または特定します。サブシステムまたは関数では C コードでエントリポイント関数を生成しなければなりません。その後で、AUTOSAR ランナブルを作成し、Simulink のエントリポイント関数を AUTOSAR ランナブルにマッピングします。AUTOSAR ディクショナリとコード マッピング エディターまたは同等の AUTOSAR プロパティ関数および map 関数を使用します。

ランナブルをアクティブにするイベントを作成する手順は、イベントのタイプによって異なります。イベントがデータ受信 (送信側/受信側) やクライアント要求 (クライアント/サーバー) など、通信インターフェイスに依存する場合、イベントを設定する前に通信インターフェイスを最初に設定しなければなりません。

関数

addSignalSimulink ブロック信号を AUTOSAR マッピングに追加する
getDataStoreSimulink データ ストアの AUTOSAR マッピング情報の取得
getDataTransferSimulink データ転送の AUTOSAR マッピング情報の取得
getFunctionSimulink エントリポイント関数の AUTOSAR マッピング情報の取得
getFunctionCallerSimulink Function Caller ブロックの AUTOSAR マッピング情報の取得
getParameterSimulink モデル ワークスペース パラメーターに関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getSignalSimulink ブロック信号に関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getStateSimulink ブロック状態の AUTOSAR マッピング情報の取得
mapDataStoreSimulink データ ストアの AUTOSAR 変数へのマッピング
mapDataTransferSimulink データ転送の AUTOSAR インターランナブル変数へのマッピング
mapFunctionSimulink エントリポイント関数を AUTOSAR ランナブルおよびソフトウェアのアドレス メソッドにマッピング
mapFunctionCallerSimulink Function Caller ブロックを AUTOSAR のクライアント ポートとオペレーションにマッピング
mapParameterSimulink モデル ワークスペース パラメーターを AUTOSAR コンポーネントパラメーターにマッピング
mapSignalSimulink ブロック信号を AUTOSAR 変数にマッピング
mapStateSimulink ブロック状態を AUTOSAR 変数にマッピング
removeSignalAUTOSAR マッピングから Simulink ブロック信号を削除

トピック

AUTOSAR ランナブルとイベントの設定

AUTOSAR ランナブル エンティティとその有効化イベントを設定する。

AUTOSAR ランナブルの実行順序の設定

スケジュール エディターを使用して、AUTOSAR ランナブルの実行順序をスケジュールおよび指定する。

AUTOSAR の初期化、リセット、終了ランナブルの設定

AUTOSAR システムの起動、リセット、シャットダウン シーケンスを設定する。

周期的なレートベース システムへの最上位非同期トリガーの追加

非同期および周期的な AUTOSAR ランナブル (JMAAB 型ベータ準拠) を結合します。

AUTOSAR 初期化ランナブル (R4.1) の設定

初期化ランナブルの軽量なアクティベーションのための AUTOSAR 初期化イベント (InitEvent) を使用します。

AUTOSAR ランナブル イベントに無効モードを設定

DisabledMode プロパティを編集して、特定のモードでの AUTOSAR イベントを無効にします。

AUTOSAR IncludedDataTypeSet の内部データ型の構成

他のソフトウェア コンポーネントでインポート可能な AUTOSAR インクルード データ型セット (IncludedDataTypeSet) のコンポーネント モデル内部データ型をエクスポートする。

AUTOSAR のインスタンスごとのメモリの設定

ブロック信号、離散状態、またはデータ ストア メモリを使用して、AUTOSAR のインスタンスごとのメモリ (PIM) を設定する。

AUTOSAR の静的メモリの設定

ブロック信号、離散状態、またはデータ ストア メモリを使用して、AUTOSAR の静的メモリを設定する。

AUTOSAR 定数メモリの設定

モデル ワークスペース パラメーターを使用して AUTOSAR 定数メモリを設定する。

AUTOSAR 共有パラメーターまたはインスタンスごとのパラメーターの設定

モデル ワークスペース パラメーターを使用して AUTOSAR 共有パラメーターまたはインスタンスごとのパラメーターを設定する。

パラメーター コンポーネントと通信するための AUTOSAR ポート パラメーターの設定

パラメーター データへのポートベース アクセス用に AUTOSAR パラメーター受信側コンポーネントを設定する。