Main Content

autosar.api.getSimulinkMapping

Simulink 要素の AUTOSAR 要素へのマッピング

説明

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント モデルでは、AUTOSAR map 関数を使用して Simulink® モデルのパースペクティブでモデル要素を AUTOSAR コンポーネント要素にマッピングできます。AUTOSAR Adaptive モデルでは、AUTOSAR map 関数を使用して Adaptive アプリケーションの生成される C++ クラス名と名前空間を構成します。たとえば、次のようなことができます。

  • Simulink のエントリポイント関数を AUTOSAR のランナブルおよびオプションのソフトウェアのアドレス メソッドにマッピングします。

  • Simulink の入力端子または出力端子を AUTOSAR の受信ポートまたは送信ポートと送信側/受信側データ要素にマッピングします。

  • Simulink モデルのワークスペース パラメーターを AUTOSAR コンポーネントのパラメーターにマッピングします。

  • Simulink データ ストアを AUTOSAR 変数にマッピングします。

  • AUTOSAR コンポーネントのマッピングから Simulink ブロック信号を追加または削除します。

  • Simulink ブロック信号または状態を AUTOSAR 変数にマッピングします。

  • AUTOSAR の生成コードの Simulink 内部データ ストア、信号、および状態に対するデータの既定のパッケージ化を設定します。

  • Simulink のデータ転送ラインを AUTOSAR のインターランナブル変数 (IRV) にマッピングします。

  • Simulink の関数呼び出しを AUTOSAR のクライアント ポートとクライアント/サーバー オペレーションにマッピングします。

  • Adaptive アプリケーションの生成された C++ クラス名または名前空間を制御します。

作成

説明

slMap = autosar.api.getSimulinkMapping(model) は、model の AUTOSAR マッピング情報を表すオブジェクト slMap を作成します。指定したモデルを開いておかなければなりません。

入力引数

すべて展開する

AUTOSAR マッピング オブジェクトを作成するモデル。モデル名を表すハンドル、文字ベクトル、または string スカラーとして指定します。

例: 'my_model'

オブジェクト関数

addSignalSimulink ブロック信号を AUTOSAR マッピングに追加する
getClassNameGet class name of model
getClassNamespaceGet class namespace for a model
getDataStoreSimulink データ ストアの AUTOSAR マッピング情報の取得
getDataTransferSimulink データ転送の AUTOSAR マッピング情報の取得
getFunctionSimulink エントリポイント関数の AUTOSAR マッピング情報の取得
getFunctionCallerSimulink Function Caller ブロックの AUTOSAR マッピング情報の取得
getInportSimulink 入力端子に関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getInternalDataPackagingAUTOSAR コンポーネント モデルに対する内部データの既定パッケージ化の取得
getOutportSimulink 出力端子に関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getParameterSimulink モデル ワークスペース パラメーターに関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getSignalSimulink ブロック信号に関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getStateSimulink ブロック状態の AUTOSAR マッピング情報の取得
mapDataStoreSimulink データ ストアの AUTOSAR 変数へのマッピング
mapDataTransferSimulink データ転送の AUTOSAR インターランナブル変数へのマッピング
mapFunctionSimulink エントリポイント関数を AUTOSAR ランナブルおよびソフトウェアのアドレス メソッドにマッピング
mapFunctionCallerSimulink Function Caller ブロックを AUTOSAR のクライアント ポートとオペレーションにマッピング
mapInportSimulink 入力端子を AUTOSAR ポートにマッピング
mapOutportSimulink 出力端子を AUTOSAR ポートにマッピング
mapParameterSimulink モデル ワークスペース パラメーターを AUTOSAR コンポーネントパラメーターにマッピング
mapSignalSimulink ブロック信号を AUTOSAR 変数にマッピング
mapStateSimulink ブロック状態を AUTOSAR 変数にマッピング
removeSignalAUTOSAR マッピングから Simulink ブロック信号を削除
setClassNameSet class name of model
setClassNamespaceSet class namespace of model
setInternalDataPackagingAUTOSAR コンポーネント モデルに対する内部データの既定パッケージ化の設定

すべて折りたたむ

関数 autosar.api.getSimulinkMapping を呼び出して、モデル autosar_swc の AUTOSAR マッピング情報を表すオブジェクト slMap を作成します。返されたオブジェクトを使用して Simulink 初期化エントリポイント関数を AUTOSAR ランナブル Runnable_Init にマッピングします。

hModel = 'autosar_swc';
addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
open_system(hModel);
slMap = autosar.api.getSimulinkMapping(hModel);
mapFunction(slMap,'Initialize','Runnable_Init');
arRunnableName = getFunction(slMap,'Initialize')
arRunnableName =
    'Runnable_Init'

バージョン履歴

R2013b で導入