Main Content

getFunctionCaller

Simulink Function Caller ブロックの AUTOSAR マッピング情報の取得

説明

[arPortName,arOperationName] = getFunctionCaller(slMap,slFcnName) は、Simulink® 関数 slFcnName の Simulink Function Caller ブロックにマッピングされている AUTOSAR クライアント ポート arPortName と AUTOSAR オペレーション arOperationName の値を返します。

すべて折りたたむ

AUTOSAR クライアント関数呼び出しがモデル化されているモデル内の Function Caller ブロックの AUTOSAR マッピング情報を取得します。このモデルには、Simulink 関数 readData の Function Caller ブロックがあります。

addpath(fullfile(matlabroot,'/help/toolbox/autosar/examples'));
hModel = 'mControllerWithInterface_client';
open_system(hModel);
slMapC = autosar.api.getSimulinkMapping(hModel);
mapFunctionCaller(slMapC,'readData','cPort','readData');
[arPort,arOp] = getFunctionCaller(slMapC,'readData')
arPort =
cPort

arOp =
readData

入力引数

すべて折りたたむ

以前に slMap = autosar.api.getSimulinkMapping(model) によって返されたモデルの Simulink から AUTOSAR へのマッピング情報。model は、モデル名を表すハンドル、文字ベクトル、または string スカラーです。

例: slMap

AUTOSAR マッピング情報を返す Function Caller ブロックの Simulink 関数の名前。

例: 'readData'

出力引数

すべて折りたたむ

指定した Function Caller ブロックにマッピングされている AUTOSAR クライアント ポートの名前を返す変数。

例: arPort

指定した Function Caller ブロックをマッピング先とする AUTOSAR オペレーションの名前を返す変数。

例: arOp

バージョン履歴

R2014b で導入