Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

getDataStore

Simulink データ ストアの AUTOSAR マッピング情報の取得

説明

arValue = getDataStore(slMap,slBlockHandle) は、Simulink® Data Store Memory ブロック slBlockHandle にマッピングされている AUTOSAR 変数の型を返します。AUTOSAR 変数の型には、ArTypedPerInstanceMemory および StaticMemory が含まれます。

arValue = getDataStore(slMap,slBlockHandle,arProperty) は、Simulink データ ストアがマッピングされている AUTOSAR 変数のプロパティ arProperty の値を返します。

すべて折りたたむ

モデル例 autosar_bsw_sensor1 の Simulink Data Store Memory ブロック Data Store Memory に関する AUTOSAR マッピングおよびプロパティ情報を取得します。

hModel = 'autosar_bsw_sensor1';
addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
hBlock = 'autosar_bsw_sensor1/Data Store Memory';

open_system(hModel);
slMap = autosar.api.getSimulinkMapping(hModel);
mapDataStore(slMap,hBlock,'ArTypedPerInstanceMemory','NeedsNVRAMAccess','true');
arMappedTo = getDataStore(slMap,hBlock)
arNvram = getDataStore(slMap,hBlock,'NeedsNVRAMAccess')
arMappedTo =
    'ArTypedPerInstanceMemory'

arNvram =
    'true'

入力引数

すべて折りたたむ

以前に slMap = autosar.api.getSimulinkMapping(model) によって返されたモデルの Simulink から AUTOSAR へのマッピング情報。model は、モデル名を表すハンドル、文字ベクトル、または string スカラーです。

例: slMap

AUTOSAR マッピング情報を返す Simulink Data Store Memory ブロックの名前またはハンドル。

例: 'autosar_bsw_sensor1/Data Store Memory'

AUTOSAR 変数プロパティの名前。有効なプロパティ名には、ShortNameSwAddrMethodSwCalibrationAccess、および DisplayFormat が含まれます。ArTypedPerInstancememory の場合は、NeedsNVRAMAccess を指定できます。StaticMemory の場合は、C 型修飾子プロパティ IsVolatile または Qualifier (AUTOSAR の追加のネイティブ型修飾子) を指定することがきます。プロパティに関する説明は、mapDataStore を参照してください。

例: 'SwCalibrationAccess'

出力引数

すべて折りたたむ

マッピングされた AUTOSAR 変数の型または変数プロパティの値のいずれかを返す変数。

例: arValue

R2019a で導入