Main Content

AUTOSAR Adaptive 永続メモリのモデル化

Simulink® で Adaptive 永続メモリをモデル化するために次のことができます。

  • AUTOSAR 永続性提供側 - 要求側ポート、永続性キー値インターフェイス、キー値インターフェイスのデータ要素を作成する。

  • データ ストアを作成して AUTOSAR 永続性ポートおよびデータ要素にマッピングする。

Simulink Coder™ および Embedded Coder® ソフトウェアがある場合は、AUTOSAR 永続メモリのアーティファクトの C++ コードと ARXML 記述を生成できます。

Simulink で Adaptive 永続メモリを実装するには次のようにします。

  1. AUTOSAR Adaptive Platform 用に構成されたモデルを開きます。

  2. AUTOSAR ディクショナリを開き、[Persistency Key Value Interfaces] を選択します。AUTOSAR 永続性キー値インターフェイスを作成するには [追加] ボタン をクリックします。[Add Interfaces] ダイアログ ボックスで、インターフェイス名と関連付けられるデータ要素の数を指定します。

  3. [Persistency Key Value Interfaces] ノードを展開します。新しいキー値インターフェイスを展開し、[DataElements] を選択します。データ要素のビューで、各データ要素を選択してその名前を構成します。

  4. AUTOSAR ディクショナリの最上位レベルで [AdaptiveApplications] を展開し、Adaptive ソフトウェア コンポーネントを展開します。[PersistencyProvidedRequiredPorts] ビューを使用して、新しい永続性キー値インターフェイスに関連付ける AUTOSAR 永続性提供側 - 要求側ポートを追加します。

  5. モデル ウィンドウで、AUTOSAR Adaptive 永続性をモデル化するために Data Store Memory ブロックを追加します。

  6. コード マッピング エディターを開きます。[データ ストア] タブを使用して、Simulink Data Store Memory ブロックを Persistency にマッピングします。

  7. それぞれのデータ ストア メモリについて、AUTOSAR 永続性提供側 - 要求側ポートと AUTOSAR 永続性キー値インターフェイスのデータ要素を選択します。

  8. プログラムでデータ ストアをマッピングしてデータ ストアのポートとデータ要素を選択するには、関数 mapDataStore を使用できます。

  9. Adaptive コンポーネント モデルの構成を検証した後、AUTOSAR Adaptive 永続メモリのコードをシミュレートまたは生成できます。

参考

|

関連するトピック