Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード生成用の AUTOSAR Adaptive 要素のマッピング

Simulink® では、コード マッピング エディターと AUTOSAR ディクショナリを個別にまたは組み合わせて使用して、AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントをグラフィカルに設定し、Simulink モデル要素を AUTOSAR コンポーネント要素にマッピングできます。詳細については、AUTOSAR コンポーネントの構成を参照してください。

Simulink モデルのパースペクティブで Simulink モデル要素を AUTOSAR コンポーネント要素にマッピングするには、コード マッピング エディターを使用します。このエディターは、[Inports][Outports] など、表形式で情報を表示する複数のタブで構成されます。それらのテーブルから Simulink 要素を選択し、対応する AUTOSAR 要素にマッピングします。マッピングの設定内容は、生成される AUTOSAR 準拠の C++ コードとエクスポートされる ARXML 記述に反映されます。

Simulink から AUTOSAR へのマッピングのワークフロー

Simulink モデル要素を AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネント要素にマッピングするには、以下の手順に従います。

  1. AUTOSAR システム ターゲット ファイル ([autosar_adaptive.tlc]) が選択されているモデルを開きます。

  2. マッピングされた AUTOSAR モデルのビューを作成するか開きます。モデル ウィンドウで、次のいずれかを行います。

    • [アプリ] タブから、AUTOSAR Component Designer アプリを開きます。

    • 右下隅にあるパースペクティブ コントロールをクリックし、[コード] を選択します。

    モデルがまだ AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントにマッピングされていない場合、AUTOSAR コンポーネントのクイック スタートが開きます。AUTOSAR コンポーネント開発用のモデルを構成するには、クイック スタートの手順に従い、[Finish] をクリックします。詳細については、マッピングされた AUTOSAR コンポーネントのクイック スタートでの作成を参照してください。

    AUTOSAR コードのパースペクティブでモデルが開きます。このパースペクティブには、ヘルプ パネルとプロパティ インスペクター ダイアログ ボックスに加え、モデルのすぐ下にコード マッピング エディターが表示されます。

    コード マッピング エディターでは、AUTOSAR マッピング情報を図として得られます。一括編集や要素のフィルターが可能なほか、モデル要素や AUTOSAR のプロパティに簡単に移動することができ、モデル要素のトレーサビリティも備えています。

  3. コード マッピング エディターの [Inports] および [Outports] タブを使用して、Simulink の各入力端子または出力端子を AUTOSAR の要求側ポートまたは提供側ポートおよびサービス インターフェイス イベントにマッピングします。

    [コンテンツのフィルター] フィールド (使用可能な場合) を使用して、現在のビューに一部の要素のみを表示し、その他の要素を省略します。

  4. モデル要素をマッピングしたら、[検証] ボタン をクリックして AUTOSAR コンポーネントの構成を検証します。エラーが報告された場合は、対処した上で検証を再試行します。

入力端子および出力端子の AUTOSAR の要求側サービス ポートおよび提供側サービス ポートへのマッピング

コード マッピング エディターの [Inports] タブと [Outports] タブでは、AUTOSAR サービス インターフェイス通信の Simulink でのモデル化をサポートしています。モデルに含まれる AUTOSAR の要求側サービス ポートおよび提供側サービス ポート、サービス インターフェイス、およびサービス インターフェイス イベントを AUTOSAR ディクショナリを使用して作成した後、コード マッピング エディターを開きます。[Inports] タブと [Outports] タブを使用して、Simulink のルート入力端子および出力端子を AUTOSAR の要求側サービス ポートおよび提供側サービス ポート、および AUTOSAR サービス インターフェイス イベントにマッピングします。

詳細については、AUTOSAR Adaptive サービス通信のモデル化を参照してください。

コード マッピング エディターの [Inports] タブは、Simulink の各ルート入力端子を AUTOSAR の要求側ポートとサービス インターフェイス イベントにマッピングします。Simulink 入力端子をマッピングするには、入力端子を選択してから、コンポーネントに表示されるリストから AUTOSAR ポートと AUTOSAR イベントのメニュー値を選択します。

コード マッピング エディターの [Outports] タブは、Simulink の各ルート出力端子を AUTOSAR の提供側ポートとサービス インターフェイス イベントにマッピングします。[Outports] タブでは次のことが可能です。

  • 出力端子を選択してから、コンポーネントに表示されるリストから AUTOSAR 端子と AUTOSAR 要素のメニュー値を選択して、Simulink 出力端子をマッピングします。

  • コード属性 AllocateMemory を使用して AUTOSAR Adaptive サービス データのメモリ割り当てを構成します。参照によってイベント データを送信する (既定) か、ara::com で割り当てられたメモリで送信するかを指定します。イベント データを ara::com で割り当てられたメモリで送信するには、値 [true] を選択します。イベント データを参照で送信するには [false] を選択します。詳細については、AUTOSAR Adaptive サービス データのメモリ割り当ての構成を参照してください。

関連する例

詳細