Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード生成

量産統合用の AUTOSAR 準拠の C++ コードと XML 記述の生成、およびテスト用の Linux 実行可能ファイルまたはライブラリのビルド

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントの Simulink® 表現を作成および開発してから、テスト用または AUTOSAR ランタイム環境用に統合するためのコードを生成します。AUTOSAR コード生成には Simulink Coder™ と Embedded Coder® が必要です。

Adaptive モデルから、Linux 実行可能ファイルまたはライブラリをビルドできます。Linux のテスト用に、実行時のキャリブレーション、測定、およびログを構成できます。

関数

coder.asap2.exportGenerate ASAP2 (A2L) file according to ASAM MCD-2 MC standards
createManifestAUTOSAR Adaptive モデルのマニフェスト ファイルの作成

トピック

AUTOSAR Adaptive C++ コードと XML 記述の生成

AUTOSAR 準拠 C++ コードを生成し、AUTOSAR XML (ARXML) 記述を AUTOSAR Adaptive コンポーネント モデルからエクスポートします。

AUTOSAR Adaptive コード生成の構成

AUTOSAR Adaptive モデル用にコード生成を構成します。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: コード生成の AUTOSAR (Embedded Coder)

AUTOSAR コードの生成を制御するパラメーター。

実行時測定とキャリブレーションのための AUTOSAR Adaptive データの構成

AUTOSAR Adaptive モデル データのキャリブレーションのための XCP スレーブの関数呼び出しと ASAP2 (A2L) ファイルを生成する。

AUTOSAR Adaptive モデルからのライブラリまたは実行可能ファイルのビルド

AUTOSAR Adaptive モデルからライブラリおよび実行可能ファイルを生成する。

AUTOSAR Adaptive モデルからのすぐに使える Linux 実行可能ファイルのビルド

AUTOSAR Adaptive モデルの Linux 実行可能ファイルを生成する。

AUTOSAR Adaptive 実行可能ファイルの実行時ログの設定

AUTOSAR Adaptive のイベント ログ情報をコンソール、ファイル、またはネットワークに転送する。

制限とヒント

AUTOSAR コード生成に適用される制限です。