Main Content

createManifest

AUTOSAR Adaptive モデルのマニフェスト ファイルの作成

説明

createManifest(arProps) は、Adaptive アプリケーションの実行マニフェスト JSON ファイルを作成します。マニフェスト ファイルは、ログ モードや詳細レベルなどのプロパティを指定し、Adaptive アプリケーションの Linux® 実行可能ファイルに関する既定のログ動作を変更します。

すべて折りたたむ

関数 autosar.api.getAUTOSARProperties を呼び出して、モデル autosar_LaneGuidance の AUTOSAR プロパティ情報を表すオブジェクト arProps を作成します。返されたオブジェクトを使用して、指定した Adaptive モデルの実行マニフェスト JSON ファイルを作成します。

addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
hModel = 'autosar_LaneGuidance';
open_system(hModel);
arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(hModel);
createManifest(arProps);

入力引数

すべて折りたたむ

事前に arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(model) によって返されたモデルの AUTOSAR プロパティの情報。パラメーター model は、モデル名を表すハンドル、文字ベクトル、または string スカラーです。

例: arProps

データ型: function_handle

バージョン履歴

R2021a で導入