Main Content

コード生成

量産統合用の AUTOSAR 準拠の C++ コードと XML 記述の生成、およびテスト用の Linux® 実行可能ファイルまたはライブラリのビルド

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントの Simulink® 表現を作成および開発してから、テスト用または AUTOSAR ランタイム環境用に統合するためのコードを生成します。AUTOSAR コード生成には Simulink Coder™ と Embedded Coder® が必要です。

Adaptive モデルから、Linux 実行可能ファイルまたはライブラリをビルドできます。Linux のテスト用に、実行時のキャリブレーション、測定、およびログを構成できます。

関数

coder.asap2.exportASAM MCD-2 MC 標準に従った ASAP2 (A2L) ファイルの生成
createManifestAUTOSAR Adaptive モデルのマニフェスト ファイルの作成
getClassNameモデルのクラス名の取得
setClassNameSet class name of model
getClassNamespaceGet class namespace for a model
setClassNamespaceモデルのクラス名前空間の設定

トピック