Main Content

coder.asap2.export

ASAM MCD-2 MC 標準に従った ASAP2 (A2L) ファイルの生成

説明

coder.asap2.export(modelName) は、modelName の ASAP2 (A2L) ファイルを生成します。最上位モデル用に生成された ASAP2 (A2L) ファイルには、参照モデルからの情報が含まれています。

coder.asap2.export(modelName,Name=Value) は、1 つ以上の "Name=Value" 引数を使用して ASAP2 (A2L) 作成のための追加のオプションを指定します。たとえば、A2L ファイルを保存する場所を指定できます。A2L ファイルの ECU アドレスを置き換えるためのモデルのシンボル ファイルを提供できます。

すべて折りたたむ

選択したモデルの A2L ファイルを生成し、これをモデルのビルド フォルダーに保存します。

% Generate A2L file for model
coder.asap2.export('modelName')

ASAP2 ファイルの名前、ファイルの保存場所、生成される A2L のバージョンを変更し、コメントを除外して、A2L ファイルを生成します。

% Export A2L file and save it as
coder.asap2.export('modelName',FileName='test_car')

% Export A2L file to specified path
coder.asap2.export('modelName',Folder='/home/temp/workspace/')

% Generate A2L file with version 1.71
coder.asap2.export('modelName',Version='1.71')

% Generate A2L file with comments excluded
coder.asap2.export('modelName',Comments=false)

実行可能ファイルに関連付けられている ELF シンボル ファイルに基づいて、ECU アドレスを含む選択されたモデルの A2L ファイルを生成します。

% Generate A2L file for model
coder.asap2.export('modelName',MapFile='model.elf')

選択したモデルの A2L ファイルを生成し、A2ML および IF_DATA セクションを除外します。

% Generate A2L file with A2ML and IF_DATA excluded
coder.asap2.export('modelName',GenerateXCPInfo=false)

モデル クラスのインスタンスの名前を指定します。objName はグローバル名前空間で宣言されます。

% Use custom specified name as object name in A2L file
coder.asap2.export('modelName',ModelClassInstanceName='objName')

% Specify the name of model class instance declared inside the namespace. Here instance customObj
% is declared in customNameSpace
coder.asap2.export('modelName',ModelClassInstanceName='customNamespace::customObj')

カスタム基底オブジェクトを作成し、フィールドを指定します。カスタム基底オブジェクトを使用して、A2L ファイルの内容をカスタマイズします。

% Create custom base object and provide fields you want to modify
obj = coder.asap2.UserCustomizeBase;
obj.HeaderComment = 'Header comment';
obj.ModParComment = 'Mod Par comment';
obj.ModCommonComment = 'Mod Common comment';
obj.ASAP2FileName = 'File name';
obj.ByteOrder = 'BYTE_ORDER MSB_LAST';

% Generate A2L file with custom base created
coder.asap2.export('modelName',CustomizationObject=obj);

次のコマンドを使用して、パラメーターと測定値を配列、スカラー、マップ、およびカーブごとにグループ化します。

coder.asap2.export('modelName',CustomizeGroupsBy={'ARRAY','SCALAR','MAP','CURVE'});

基本データ型のレコード レイアウトを RecordLayouts.a2l という名前のファイルにエクスポートします。

coder.asap2.export('modelName',IncludeAllRecordLayouts=true)

次のコマンドを使用して構造体要素を除外します。

coder.asap2.export('modelName', SupportStructureElements=false);

次のコマンドを使用して 64 ビット整数を除外します。

coder.asap2.export('modelName', Support64bitIntegers=false);

次のコマンドを使用して A2L ファイルの追加のアドレス情報を指定します。

coder.asap2.export('modelName', EcuAddressExtension=4);

入力引数

すべて折りたたむ

モデルの名前。

例: 'MyModel','nav_app'

名前と値の引数

オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に配置しなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前では、コンマを使用して各名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

例: MapFile='model.elf' は、model.elf ファイルのデバッグ マッピング情報を含むモデルの A2L ファイルを生成します。

エクスポートされた A2L ファイルを配置するフォルダーへの絶対パス。

例: Folder='/home/temp/prjct/'

エクスポートした A2L ファイルの名前。

例: FileName='test_car'

生成コードのシンボルを含むモデルのシンボル ファイルの名前。たとえば、生成コードで使用される変数のアドレスです。

例: MapFile='model.elf'

ASAM で定義された ASAM MCD-2 MC 標準に基づく A2L ファイル形式。ASAM MCD-2 MC 標準には複数のバージョンがあります。必要な A2L のバージョンを指定します。

例: Version='1.61' または Version='1.31'

コメントを含めるか除外して A2L ファイルを生成します。

例: Comments=true

A2ML および IF_DATA セクションを含めるか除外して A2L ファイルを生成します。

例: GenerateXCPInfo=true

A2L ファイルのカスタム モデルのインスタンス名。この引数は Adaptive AUTOSAR モデルにのみ適用されます。

例: ModelClassInstanceName='customObj' または ModelClassInstanceName='customNameSpace::customObj'

インデントに従って A2L ファイルを生成します。

例: IndentFile=true

ユーザー ベースを作成して、次のような ASAP2 フィールドをカスタマイズします。

  • ASAP2FileName

  • ByteOrder

  • HeaderComment

  • ModParComment

  • ModCommonComment

例: CustomizationObject=obj

パラメーターと信号をそのプロパティに基づいてグループ化します。

例: CustomizeGroupsBy={'ARRAY','MAP'}

A2L ファイルのバージョンに従って、すべての基本データ型のレコード レイアウトを RecordLayouts.a2l という名前のファイルにエクスポートします。

例: IncludeAllRecordLayouts=true

生成された ASAP2 ファイルで構造体の一部である要素を除外するには false を指定します。

例: SupportStructureElements=false

生成された ASAP2 ファイルで 64 ビット整数を除外するには false を指定します。

例: Support64bitIntegers=false

ASAP2 ファイルで追加のアドレス情報を指定するには 32 ビット整数値を指定します。既定では、追加のアドレス情報は必要ありません。

例: EcuAddressExtension=4

バージョン履歴

R2021a で導入