最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

配布

実行可能プログラムと共有ライブラリの配布

生成されたコードをアプリケーションのニーズに従ってテスト、調整および配布するために、次のようにモデルのビルドを構成します。

  • 検証とテストのために実行可能ファイルを生成します。

  • アルゴリズムの再利用または共有のためにスタティックまたはダイナミック ライブラリ ファイルを作成します。

  • 実行中のコードを Simulink® または外部ツールが監視して調整できるように、生成されたコードをインストルメント化します。

コードの動作や正確性の検証、モデル アルゴリズムのシミュレーションの高速化、アルゴリズムの再利用または共有、知的財産の保護のために、アルゴリズムのコードを Simulink ブロックに展開します。

外部 MATLAB®、C/C++ または Fortran コードのアルゴリズムを、モデル内の再利用可能なコンポーネントとして統合することによって活用します。

もう 1 つのビルド環境への再配置のために、生成されたモデル コードをパッケージ化します。

注目の例