最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink Coder 入門

Simulink モデルおよび Stateflow モデルからの C および C++ コードの生成

Simulink® Coder™ (旧 Real-Time Workshop®) は、Simulink モデル、Stateflow® チャートおよび MATLAB® 関数から C と C++ コードを生成し、実行します。生成されたソース コードは、シミュレーションの高速化、ラピッド プロトタイピング、およびハードウェアインザループ テストを含むリアルタイムと非リアルタイムのアプリケーションで使用できます。Simulink を使用して生成コードの調整やモニターを行ったり、MATLAB と Simulink の環境外でコードを実行し、対話的に使用できます。

チュートリアル

Simulink モデルからのコード生成

  • SimulinkCoder を使用したコード生成

    Simulink ブロック、Stateflow チャート、MATLAB コードを含めることができる Simulink モデルからスタンドアロン C または C++ ソース コードを生成します。

  • システム開発用の検証および確認

    要件分析、システム仕様、コード生成、ソフトウェアとシステムの統合など、システム開発プロセスの手順を検証および確認します。

  • ターゲット環境とアプリケーション

    開発用コンピューター、リアルタイム シミュレーター、組み込みプロセッサなどのターゲット環境向けのコードを生成、ビルド、実行するためのシステム ターゲット ファイルを選択。