Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

コード生成環境のカスタマイズ

展開プロジェクト用に、または組織にわたるコード展開に向けてコード生成環境のカスタマイズを担当する場合は、以下のオプションを検討してください。

カスタマイズの目的説明詳細
データの表現コード ジェネレーターによるデータ (行列と配列を含む) の格納方法をカスタマイズします。生成コード内でのデータ型の命名と配置を制御します。生成コードにおけるデータの表現
モデル コンフィギュレーション設定モデルからコード ジェネレーターがコードを生成してコンパイルする方法を定義する、標準のモデル コンフィギュレーション パラメーター設定を確立します。モデル コンフィギュレーション セットのカスタマイズ
カスタム ブロックS-Function を開発することにより、カスタム ブロックに対するコード生成の動作を定義します。カスタム ブロックのコード生成
Target Language CompilerTarget Language Compiler を使用して、生成コードのカスタマイズ、S-Function ブロックについて生成されたコードのインライン化、および追加またはさまざまなタイプのファイルの生成を行います。Target Language Compiler
ターゲット プラットフォーム デバイスターゲット プラットフォーム デバイスに応じて、必要なターゲット プラットフォーム環境およびコードの機能を指定するシステム ターゲット ファイルを選択し、target パッケージを使用して、コード ジェネレーターがサポートするハードウェアの範囲を拡大し、コード置換ライブラリを使用するようにコード ジェネレーターを構成します。ターゲット プラットフォーム デバイスのカスタマイズ
コードのコンパイルツールチェーン、またはテンプレート makefile のアプローチを使用して、ビルド プロセスのコンパイル段階をカスタマイズします。コード コンパイルのカスタマイズ
ターゲット ハードウェア用のカスタム ソフトウェアMATLAB® 設計および Simulink® 設計のハードウェア プラットフォームへの展開をサポートするソフトウェアを作成します。ビルド プロセス用のカスタム ツールチェーンの登録、ターゲット ハードウェアに応じた XCP サーバー ソフトウェアのカスタマイズ、コード生成の仮定の有効性をチェックするターゲット ハードウェア アプリケーションの作成を行います。target パッケージを使用して、サポートするハードウェアの範囲を拡大し、エクスターナル モードおよびプロセッサインザループ (PIL) シミュレーション用に Simulink とターゲット ハードウェアとの接続を提供します。ターゲット ハードウェア用のカスタム ソフトウェア