Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

コード生成の目的の概要

プロジェクトの目的に基づいて、次の表から Simulink ® Coder™ の情報を見つけてください。

目的関連情報
チュートリアルを使用し、コンセプトを学習して、製品に対する理解を深める。

Simulink Coder 入門

モデル設計プロセスの最初からコード生成を考慮することにより、プロジェクトの修正を回避したり最小限に抑えたりする。

  • ソフトウェアの問題を個別の部分に分割し、組み込みシステム アーキテクチャの特徴を Simulink モデリング環境の要素にマッピングする。

  • ソフトウェア インターフェイスをモデル化する。

  • Simulink コンポーネントベースのモデリング オプション、および再利用の手法を使用して設計をモジュール化する。

  • 外部の MATLAB® コード、C または C++ コードをインポートする。

  • タイマーとスケジューリングのサポートを設計する。

  • 推奨ガイドラインに基づいてモデルを設計する。

アーキテクチャとコンポーネントの設計

モデル設計からコードを生成する。

  • コード インターフェイスを構成する。

  • モデルがコード生成できる状態かどうかを確認する。

  • ソース コードを生成します。

  • 生成されたソース コードをコンパイルしてオブジェクト コードをリンクする。

  • コード生成結果のレポートを生成する。

コード生成

生成されたコードを展開する。

  • 外部のリアルタイム エグゼクティブまたはターゲット ハードウェアのオペレーティング システムなしで実行するように生成されたプログラムを適応する。

  • 生成されたプログラムをオペレーティング システムまたはボード サポート パッケージと統合する。

  • モデルの静的なコード ファイルと生成されたコード ファイルを別の開発環境に移動する。

  • アプリケーション コードで生成された共有ライブラリを使用する。

  • サードパーティに知的財産を開示せずにモデルに対して生成されたアーティファクトをパッケージ化して共有する。

  • アクセラレータ シミュレーションを実行し、MATLAB と Simulink 環境の外部でスタンドアロンのシミュレーションを展開する。

展開、統合、サポートされているハードウェア

必要メモリ要件を最小化し、実行を高速化して生成コードを最適化する。

  • 生成コードにより、RAM、ROM およびスタック領域の使用を最適化する。

  • 生成コードの実行速度を改善する。

  • データ コピーの数を削減する。

  • コード置換ライブラリを適用する。

  • 最適化されたコードの生成時にトレードオフを行う。

コードの効率性

プロジェクトまたは組織に応じて、生成コードおよびコード生成ツールをカスタマイズする。

  • 対話機能とインストルメンテーションをサポートするためにデータ表現をカスタマイズする。

  • コード ジェネレーターによるコードの生成方法をカスタマイズする。

  • カスタム ブロックに対するコード生成の動作を定義する。

  • Target Language Compiler を使用して、生成されたコードのカスタマイズ、カスタム ブロックについて生成されたコードのインライン化、その他さまざまなタイプのファイルの生成を行う。

  • MathWorks® ソフトウェア用に、ターゲット ハードウェアの情報を取得する。

  • ターゲット プラットフォームおよび必要なコード機能に関する情報をコード ジェネレーターに提供する。

  • ビルド プロセスのコンパイル段階をカスタマイズする。

  • MATLAB 設計および Simulink 設計をハードウェア プラットフォームに展開するソフトウェアを作成する。

コードとツールのカスタマイズ

生成コードの検証とテストを行う。

  • ターゲット アプリケーションで信号を監視し、モデル パラメーターを調整する。

  • コード実行をプロファイリングし、生成コードがパフォーマンス要件を満たしているかどうかを判定する。

  • 数値的等価性をテストする。

  • コード解析ツールを使用して、生成コードを検証する。

検証およびテスト