Main Content

パフォーマンス

メモリ使用量の削減、生成されたコードの実行速度の向上

コードの生成元となる Simulink® モデルを開発する場合は、モデル コンフィギュレーション パラメーターを使用して、RAM と ROM の消費量を減らし、コードの実行速度を向上させます。効率性の一部を犠牲にしてより防御的なコードにする場合は、これらのパラメーターの 1 つ以上を無効にできます。

メモリの使用量または実行速度の改善が必要なターゲット ハードウェアおよびコード セクションのリアルタイム要件を、生成されたコードが満たしているかどうかを確認する、コード実行プロファイリングを構成できます。また、コード生成アドバイザーを使用すると、モデルの現在のコンフィギュレーションがデバッグやコード実行に最適化されているかどうかを確認できます。

トピック

コード最適化の基礎

防御的プログラミング

データ コピー削減

メモリ使用量

実行速度

コード実行のプロファイル