Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルの保護

サードパーティと共有するための、シミュレーションおよびコード生成の保護モデルの作成

保護モデルは、基礎となる実装の詳細を隠すモデル参照を提供します。モデル保護プロセスでは、モデルをコンパイルして派生したアーティファクトをパッケージ化し、機密 IP を含まずにモデル機能をサポートします。コンテンツを隠すためのモデルの保護を参照してください。

クラス

すべて展開する

Simulink.ModelReference.ProtectedModel.HookInfo保護モデルの作成によって生成されたファイルとエクスポートされたシンボルの表現
Simulink.ProtectedModel.Callback保護モデル イベントに応答して実行されるコールバック コードの表現
Simulink.ProtectedModel.CallbackInfoコールバックで使用する保護モデル情報

関数

すべて展開する

Simulink.ModelReference.protect参照先のモデルの内容を見えなくして知的財産を隠す
Simulink.ModelReference.modifyProtectedModel既存の保護モデルの変更
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.setPasswordForCertificateデジタル証明書のパスワードの指定
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.setPasswordForCodeGeneration保護モデルからのコード生成用の暗号化パスワードの追加または指定
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.setPasswordForModify保護モデルの変更用のパスワードの追加または指定
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.setPasswordForSimulation保護モデルのシミュレーション用の暗号化パスワードの追加または指定
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.setPasswordForView保護モデルの読み取り専用ビュー用の暗号化パスワードの追加または指定
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.clearPasswords保護モデルのキャッシュされたパスワードの消去
Simulink.ModelReference.ProtectedModel.clearPasswordsForModel保護モデルのキャッシュされたパスワードの消去
Simulink.ProtectedModel.addTarget保護モデルに現在のターゲットに対するコード生成のサポートを追加
Simulink.ProtectedModel.getCallbackInfoコールバックで使用する Simulink.ProtectedModel.CallbackInfo オブジェクトを取得
Simulink.ProtectedModel.getConfigSet現在の保護モデルのターゲットまたは指定したターゲットのコンフィギュレーション セットの取得
Simulink.ProtectedModel.getCurrentTarget現在の保護モデルのターゲットの取得
Simulink.ProtectedModel.getSupportedTargets保護モデルがサポートするターゲットのリストの取得
Simulink.ProtectedModel.open保護モデルを開く
Simulink.ProtectedModel.removeTarget保護モデルから指定したターゲットのサポートを削除
Simulink.ProtectedModel.setCurrentTarget指定されたターゲットを使用する保護モデルを構成
Simulink.ProtectedModel.signデジタル署名を保護モデルに添付

トピック

コンテンツを隠すためのモデルの保護

サードパーティに知的所有権を開示せずにモデルを共有する場合は、モデルを保護してください。

保護モデルのテスト

保護モデルと元のモデルを比較して、保護モデルをテストする。

保護モデルに署名する

保護モデルにデジタル署名を添付する。

保護モデルのパッケージ化と共有

保護モデル パッケージに含めるファイル。

ユーザー設定による保護モデルの難読化の指定

保護モデルの作成プロセスで生成されるファイルの後処理関数を指定します。

複数のターゲットを含む保護モデルの作成

複数のコード生成ターゲットをサポートする保護モデルを作成します。

保護モデルのコールバックの定義

コールバックを定義して保護モデルの動作をカスタマイズします。

保護モデルの作成のベスト プラクティス

保護モデルでサポートする機能を許可するモデル化パターンと保護オプションを選択します。