Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

保護モデルの機能の確認

この例では、保護モデルを作成して、それをノーマル モード シミュレーション、アクセラレータ モード シミュレーション、およびコード生成で使用する方法を示します。

保護モデルを作成するには、Simulink® Coder™ をインストールしておかなければなりません。保護されたモデルの読み取り専用ビューを生成するには、Simulink® Report Generator™ をインストールしておかなければなりません。

モデル例を開く

モデル例 sldemo_mdlref_bus を開いて、シミュレートします。

参照されるモデルの保護

このモデル例には CounterA という 1 つの Model ブロックが含まれています。このブロックによって参照されるモデルを保護するには、Model ブロックを選択して、ツールストリップの [Model ブロック] タブで [保護] をクリックします。保護モデルを作成するためのオプションを選択できるダイアログ ボックスが開きます。

[保護モデルのユーザーに次を許可] で、[モデルを読み取り専用表示で開く][シミュレーション] および [生成されたコードを使用] を選択します。これらのアクションをパスワードで保護するために、アクションごとに一意のパスワードを入力できます。次に、[作成] をクリックします。

保護モデルのプロジェクト アーカイブ sldemo_mdlref_counter_bus_protected.mlproj は、指定された保存先フォルダーに生成されます。

[現在のフォルダー] ブラウザーでプロジェクト アーカイブをダブルクリックして、保護モデル (sldemo_mdlref_counter_bux.slxp) が含まれる対応するプロジェクトを開きます。プロジェクトには、保護モデル用に分離された環境と、保護モデルによって使用される変数を定義するデータ ディクショナリを提供するハーネス モデルも含まれます。

保護モデルはノーマル モード シミュレーション、アクセラレータ モード シミュレーション、およびコード生成で使用できます。モデルの読み取り専用ビューを開くこともできます。元のモデル ファイルは不要です。

保護モデルの使用

Model ブロックが保護モデルを参照する場合、ブロックに盾のマークが表示されます。

パスワードで保護された機能を有効にするには、盾のマークを右クリックし、[承認] を選択します。保護されたモデルの作成時に設定したパスワードを入力します。

パスワードの入力後、ノーマル モードまたはアクセラレータ モードのいずれかでモデルをシミュレートできます。最上位モデルのコードも生成できます。

保護モデルの読み取り専用ビューを開くには、Model ブロックをダブルクリックするか盾のマークを右クリックし、[Web ビューの表示] を選択します。

保護モデルのレポートを開くには、盾のマークを右クリックし、[レポートの表示] を選択します。

参考

(Simulink Coder)

関連するトピック