Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink Coder

Simulink モデルおよび Stateflow モデルからの C および C++ コードの生成

Simulink® Coder™ (旧 Real-Time Workshop®) は、Simulink モデル、Stateflow® チャートおよび MATLAB® 関数から C と C++ コードを生成し、実行します。生成されたソース コードは、シミュレーションの高速化、ラピッド プロトタイピング、およびハードウェアインザループ テストを含むリアルタイムと非リアルタイムのアプリケーションで使用できます。Simulink を使用して生成コードの調整やモニターを行ったり、MATLAB と Simulink の環境外でコードを実行し、対話的に使用できます。

Simulink Coder 入門

Simulink Coder の基礎を学ぶ

モデル アーキテクチャと設計

コード生成におけるモデルのコンポーネント化、階層および実行順序の考慮事項

コード インターフェイスの設定と統合

ソフトウェアの統合を容易にするためのデータと関数のコード生成の設定

コード生成

C/C++ コード生成とデバッグ、レポート生成

配布

実行可能プログラムと共有ライブラリの配布

パフォーマンス

メモリ使用量の削減、生成されたコードの実行速度の向上

検証

モデルと生成されたコードのシミュレーション結果の比較

Simulink Coder でサポートされているハードウェア

サードパーティ製ハードウェアのサポート


問題と修正についてバグ レポートをチェック

Software is inherently complex and is not free of errors. The output of a code generator might contain bugs, some of which are not detected by a compiler. MathWorks reports critical known bugs brought to its attention on its Bug Report system at www.mathworks.com/support/bugreports/. In the search bar, type the phrase "Incorrect Code Generation" to obtain a report of known bugs that produce code that might compile and execute, but still produce wrong answers. To save a search, click Save Search.

The bug reports are an integral part of the documentation for each release. Examine periodically all bug reports for a release, as such reports may identify inconsistencies between the actual behavior of a release you are using and the behavior described in this documentation.

In addition to reviewing bug reports, you should implement a verification and validation strategy to identify potential bugs in your design, code, and tools.

R2020b バグ レポートの検索

不適切なコード生成に関する既知のバグ
本製品に関するすべての既知のバグ