Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

ASAP2 ファイルおよび CDF キャリブレーション ファイルの生成

[キャリブレーション ファイルの生成] ツールを使用して、モデルの ASAP2 ファイルおよび CDF (キャリブレーション データ形式) ファイルを生成およびカスタマイズします。このツールでは、既定では ASAM MCD-2 MC 標準に従った A2L ファイルのサポートされる最新のバージョンが生成されます。別のバージョンを生成するように選択することもできます。A2L ファイルのバージョンや CDF ファイルのスキーマ タイプなど、キャリブレーション ファイルのオプションをカスタマイズできます。ASAM MCD-2 MC (ASAP2) 標準および ASAM CDF 標準の詳細については、ASAM の Web サイト (www.asam.net) を参照してください。

[キャリブレーション ファイルの生成] ツールを開く

  1. モデルを開きます。

  2. Simulink Coder アプリを開きます。

    メモ

    AUTOSAR モデルの場合は、AUTOSAR コンポーネント デザイナー アプリを開きます。Simulink Real-Time モデルの場合は、Simulink Coder アプリを開きます。

  3. モデルのコードを生成します。

  4. [C コード] タブで、[共有][キャリブレーション ファイルの生成] を選択します。

メモ

AUTOSAR モデルの場合は、[AUTOSAR][共有][キャリブレーション ファイルの生成] を選択します。

このツールを使用して、モデルの A2L ファイルと cdfx ファイルを同時に生成できます。このツールは、ERT ベース、GRT ベース、Simulink Real-Time、AUTOSAR Classic、または AUTOSAR Adaptive のシステム ターゲット ファイルで構成されたモデルに使用できます。このツールでは、ASAP2 ファイルのバージョン、コメントを含めるか除外するか、ASAP2 ファイルと CDF ファイルの生成をオフにするかオンにするかなどについて、最後に使用した設定が記憶されます。これらの設定は Simulink で MATLAB の基本設定に保存されます。この設定は既定の設定をオーバーライドします。

AUTOSAR Adaptive および Simulink Real-Time のシステム ターゲット ファイルについては、C++ 言語用の ASAP2 ファイルを生成できます。ERT ベースおよび GRT ベースのシステム ターゲット ファイルについては、C 用の ASAP2 ファイルのみを生成できます。

AUTOSAR Classic モデルについては、[Include AUTOSAR RTE elements] オプションを使用して、ツールで RTE 要素を ASAP2 ファイルに含めるか除外するかを指定できます。

ASAP2 ファイルの生成

ASAP2 は、アプリケーションの実行時にパラメーターの調整と信号データの測定に使用される、内部の ECU 変数の記述形式を定義します。ASAP2 ファイルを生成するには、次の手順を実行します。

  1. [Generate ASAP2] オプションは既定では有効になっています。有効になっていない場合は、[Generate ASAP2] スライダーをオンの位置にスライドして A2L の生成を有効にします。

  2. A2L ファイルの名前を変更するには、[File name] フィールドで新しい名前を指定します。

  3. コード ジェネレーターでは、既定では、選択したモデルのフォルダー パスにビルド フォルダーが使用されます。A2L ファイル用に別のフォルダー パスを指定する場合は、[Folder path] フィールドで指定できます。

  4. A2L ファイル内の ECU アドレスを置き換えるには、[Symbol file] フィールドでアプリケーションの実行可能ファイルに関連付けられているシンボル ファイルを指定します。それ以外の場合は、[Address replacement] をオフにします。

    このツールでは、ECU アドレスを置き換えるシンボル ファイルとして、ELF、PDB、DWARF、または実行可能ファイルがサポートされます。

  5. [Version] を生成する A2L ファイルの必要なバージョンに設定します。既定のバージョンは 1.71 です。

  6. A2L ファイルでコメントを除外するには、[Include comments] をオフにします。

  7. AUTOSAR Classic モデルの場合、A2L ファイルで RTE 要素を除外するには、[AUTOSAR RTE 要素を含める] をオフにします。

  8. [Generate] をクリックします。

A2L ファイルをプログラムで生成するには、関数 coder.asap2.export を使用します。

CDF ファイルの生成

ASAM CDF は、ECU パラメーターの値と関連するメタ データを格納するデータ記述形式を定義します。ASAM CDF ファイルでは XML を使用しており、キャリブレーション ツールや XML エディターで検証、編集、インポート、エクスポートを簡単に行えます。ツールを使用して CDF ファイルを生成するには、次の手順を実行します。

  1. [Generate CDF] スライダーをオンの位置にスライドします。

  2. CDF ファイルの名前を変更するには、[File name] フィールドで指定します。

  3. コード ジェネレーターでは、既定では、選択したモデルのフォルダー パスにビルド フォルダーが選択されます。CDF ファイル用に別のフォルダー パスを指定する場合は、[Folder path] フィールドでパスを指定します。

  4. [Schema type] フィールドを使用して [XSD] (XML スキーマ定義) または [DTD] (ドキュメント タイプ定義) に設定します。既定のスキーマ タイプは [DTD] です。

CDF ファイルをプログラムで生成するには、関数 coder.cdf.export を使用します。

メモ

CDF ファイルの生成は、Simulink Real-Time システム ターゲット ファイルに対しては無効になります。

データ測定とキャリブレーションのためのホストベースの ASAM-ASAP2 データ定義ファイルの作成

このモデルでは ASAP2 データ エクスポートを説明します。ASAP2 は Association for Standardization of Automation and Measuring Systems (ASAM) によって推奨されているデータ定義の標準です。

モデル例を開く

モデル例 ASAP2Demo を開きます。

open_system('ASAP2Demo');

ASAP2 ファイルをカスタマイズして生成する方法については、ASAP2 ファイルの生成を参照してください。

参考

| |

関連するトピック