Main Content

ASAP2 ファイル生成のためのモデル データ要素の構成

モデルから ASAP2 ファイルを生成すると、モデル内のデータ要素に関する特性や測定変数などの情報が ASAP2 ファイルに含まれます。各データ要素について、メモリ アドレス、ストレージ構造、データ型、変換ルールなどの情報が記述されます。ASAP2 ファイルにおけるデータ要素の記述方法を Simulink® でカスタマイズできるようになりました。それらの特性や測定のうち、関心がある情報だけを選択して ASAP2 ファイルにエクスポートできます。

ASAP2 ファイル生成用にデータ要素を構成するには、コード マッピング エディター – C に表示される次のタブを使用します。

  • Inports

  • Outports

  • パラメーター

  • データ ストア

  • 信号/状態

キャリブレーション属性の表示

  1. 複数のデータ要素をもつモデルを開きます。

    open_system('ConfigurationRapidPrototypingInterface');
    cm = coder.mapping.api.get('ConfigurationRapidPrototypingInterface');

  2. Simulink Coder™ アプリを開きます。[C コード] タブで、[コード インターフェイス] + [個々の要素コードのマッピング] を選択します。

ASAP2 ファイル生成用の入力端子の構成

  1. [入力端子] タブで、入力端子を選択し、 アイコンをクリックします。

  2. 入力端子の測定プロパティのフィールドを指定します。

  3. あるいは、コマンド ラインで次のコマンドを入力できます。

    setInport(cm,'In1','CalibrationAccess','Calibration');
    setInport(cm,'In1','CompuMethod','CM_Inport');
    setInport(cm,'In1','DisplayIdentifier','inport_display_name');
    setInport(cm,'In1','Format','%4.2');

  4. モデルを作成します。

  5. 次のコマンドを使用して ASAP2 ファイルを生成します。

    coder.asap2.export('ConfigurationRapidPrototypingInterface');

  6. ASAP2 ファイルでエクスポートされた入力端子を調べ、指定したフィールドが含まれていることを確認します。

同じ方法で出力端子を構成できます。既定では、すべての入力端子と出力端子が A2L ファイルにエクスポートされます。いずれかの入力端子または出力端子を A2L ファイルにエクスポートしない場合は、次のコマンドを使用して Export プロパティを false に設定します。

setInport(cm,'In1','Export',false);

ASAP2 ファイル生成用のパラメーターの構成

  1. [パラメーター] タブで、パラメーターを選択し、 アイコンをクリックします。

  2. パラメーターのキャリブレーション プロパティのフィールドを指定します。

  3. あるいは、コマンド ラインで次のコマンドを入力できます。

    setModelParameter(cm,'LOWER','CalibrationAccess','NoCalibration');
    setModelParameter(cm,'LOWER','CompuMethod','CM_param');
    setModelParameter(cm,'LOWER','DisplayIdentifier','param_lower');
    setModelParameter(cm,'LOWER','Format','%4.2');

  4. モデルを作成します。

  5. 次のコマンドを使用して ASAP2 ファイルを生成します。

    coder.asap2.export('ConfigurationRapidPrototypingInterface');

  6. ASAP2 ファイルでエクスポートされたパラメーターを調べ、指定したフィールドが含まれていることを確認します。

メモ

[タイプ][その他] に設定されているカスタム ストレージ クラスに関連付けられている要素の場合、カスタム ストレージ クラスのカスタム属性クラスを作成し、true に設定された Boolean プロパティ SupportSILPIL にカスタム属性クラスを関連付けます。詳細については、追加の生成コードを生成するインターフェイス (Embedded Coder)を参照してください。

同じ方法でデータ ストアや状態を構成できます。既定では、信号、状態、およびデータ ストアが A2L ファイルにエクスポートされます。いずれかのデータ要素を A2L ファイルにエクスポートしない場合は、次のコマンドを使用して Export プロパティを false に設定します。

setModelParameter(cm,'LOWER','Export',false);

メモ

信号、状態、データ ストア、およびパラメーターを A2L ファイルにエクスポートするには、データ要素を非自動ストレージ クラスとして構成します。

参考

| | | | | | | |

関連するトピック