Main Content

setDataStore

コード生成とキャリブレーション ファイル (a2l) 生成用のローカル データストアまたは共有ローカル データストアを設定する

    説明

    setDataStore(myCodeMappingObj,dataStore,Name,Value) は、コード生成とキャリブレーション ファイル (a2l) 生成用に指定されたローカル データストアまたは共有ローカル データストアを設定します。この関数を使用して、ローカル データストアまたは共有ローカル データストアをストレージ クラスおよびストレージ クラス プロパティの設定にマッピングします。これらの設定は、C コードを生成するために、コード ジェネレーターによって使用されます。または、そのデータストア用のキャリブレーション アクセスを設定します。

    すべて折りたたむ

    モデル rtwdemo_configrpinterface のモデル コード マッピングで、ローカル データストア mode のストレージ クラスを ExportedGlobal に設定します。

    open_system('rtwdemo_configrpinterface');
    cm = coder.mapping.api.get('rtwdemo_configrpinterface');
    setDataStore(cm,'mode','StorageClass','ExportedGlobal');
    

    モデル rtwdemo_configrpinterface のモデル コード マッピングで、モデル全体のローカル データストアおよび共有ローカル データストアのストレージ クラスを Model default に設定します。

    open_system('rtwdemo_configrpinterface');
    cm = coder.mapping.api.get('rtwdemo_configrpinterface');
    dsmHandles = find(cm,'DataStores')
    setDataStore(cm,dsmHandles,'StorageClass','Model default');
    

    モデル rtwdemo_configrpinterface のモデル コード マッピングで、ローカル データストア mode のコード識別子を ds_mode に設定します。

    open_system('rtwdemo_configrpinterface');
    cm = coder.mapping.api.get('rtwdemo_configrpinterface');
    setDataStore(cm,'mode','Identifier','ds_mode');
    

    モデル rtwdemo_configrpinterface に対するモデル コード マッピングから、ローカル データストア mode に対して構成されたキャリブレーション プロパティを設定します。

    open_system('rtwdemo_configrpinterface');
    cm = coder.mapping.api.get('rtwdemo_configrpinterface');
    setDataStore(cm,'mode','Export',true);
    setDataStore(cm,'mode','CalibrationAccess','Calibration');
    setDataStore(cm,'mode','CompuMethod','CM_state');
    setDataStore(cm,'mode','DisplayIdentifier','state_X');
    setDataStore(cm,'mode','Format','%4.2');
    

    入力引数

    すべて折りたたむ

    関数 coder.mapping.api.get の呼び出しによって返されるコード マッピング オブジェクト (モデル コード マッピング)。

    例: myCM

    コード マッピング情報を返す Data Store Memory ブロックのパス。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。あるいは、ブロック ハンドルまたはデータストアの名前を指定できます。データストアの名前を指定し、その名前がモデル内で一意でない場合、Simulink® は、ブロック パスまたはハンドルを指定するように指示するエラーを返します。複数のデータストアを指定するには、配列を使用します。

    例: blockHandle

    データ型: char | string | block_handle | array

    名前と値の引数

    例: 'StorageClass' 'ExportedGlobal'

    コンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,…,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を指定できます。名前と値のペアの引数の順序は重要ではありません。

    指定されたデータ ストア用に設定するストレージ クラス。事前定義済みのストレージ クラスまたはモデルに関連付けられた Embedded Coder ディクショナリで定義されているストレージ クラスの名前。Configure Data Stores for C Code Generationを参照してください。

    生成されたコード内でローカル データ ストアを表す変数の名前。

    データ型: char | string

    キャリブレーション ファイル (a2l) に対してデータストアを生成するには、このプロパティを有効にします。

    キャリブレーション中にデータストアから単一ビットを抽出する 16 進数形式のマスク値。このプロパティは整数にのみ適用されます。

    データ型: hexadecimal

    Calibration を選択して、データストアのキャリブレーションを有効にします。NoCalibration を選択して、データストアの値を表示し、キャリブレーションを無効にします。

    読みやすくするために ECU 内部値を物理値に変換するメソッド名。

    データ型: char | string

    キャリブレーション ツールで測定する目的のデータストアのオプションの表示名。Simulink モデルのデータストア名とは異なります。

    データ型: char | string

    キャリブレーション ツールの測定に指定される特殊な表示形式。この形式の指定はデータストアの CompuMethod で指定される表示形式よりも優先されます。

    バージョン履歴

    R2020b で導入