Main Content

setDataDefault

モデル データ カテゴリの既定のストレージ クラスとストレージ クラス プロパティの値を設定する

    説明

    setDataDefault(myCodeMappingObj,category,Name,Value) は、モデル データの指定されたカテゴリに関して、既定のストレージ クラスおよびストレージ クラス プロパティの値をコード マッピングで設定します。

    すべて折りたたむ

    モデル myConfigModel のモデル コード マッピングにおいて、既定のストレージ クラスを ExportedGlobal に設定することで、生成されたコード内のモデル ワークスペース パラメーターの既定の表現を構造化されていないグローバル変数として設定します。

    cm = coder.mapping.api.get('myConfigModel');
    setDataDefault(cm,'ModelParameters','StorageClass','ExportedGlobal');
    

    入力引数

    すべて折りたたむ

    関数 coder.mapping.api.get の呼び出しによって返されるコード マッピング オブジェクト (モデル コード マッピング)。

    例: myCM

    ストレージ クラスとストレージ クラス プロパティを設定するモデル データ要素のカテゴリ。

    例: 'Inports'

    名前と値の引数

    例: 'StorageClass','ExportedGlobal'

    コンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,…,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を指定できます。名前と値のペアの引数の順序は重要ではありません。

    指定されたデータ要素カテゴリ用に設定するストレージ クラス。事前定義済みのストレージ クラスまたはモデルに関連付けられた Embedded Coder ディクショナリで定義されているストレージ クラスの名前。指定可能な値は、指定するカテゴリに応じて変わります。生成されたコードでのデータ表示を制御するストレージ クラスの選択を参照してください。

    例: 'StorageClass','ImportedExtern'

    バージョン履歴

    R2020b で導入