Main Content

getDataDefault

モデルのデータ カテゴリに対する既定のストレージ クラスまたはストレージ クラス プロパティ設定の取得

    説明

    propertyValue = getDataDefault(myCodeMappingObj,category,property) は指定されたデータ カテゴリに対して指定されたプロパティのコード マッピングから値を返します。

    すべて折りたたむ

    モデル myConfigModel のモデル コード マッピングから、ルートレベルの入力端子に対する既定のストレージ クラス設定を取得します。

    cm = coder.mapping.api.get('myConfigModel');
    defaultStorageClass = getDataDefault(cm,'Inports','StorageClass');
    

    入力引数

    すべて折りたたむ

    関数 coder.mapping.api.get の呼び出しによって返されるコード マッピング オブジェクト (モデル コード マッピング)。

    例: myCM

    プロパティ値を返すモデル データ要素のカテゴリ。

    例: 'Inports'

    値を返すコード マッピング プロパティ。次のいずれかのプロパティ名を指定します。

    返す情報プロパティ名
    ストレージ クラスの名前StorageClass
    生成されたコード内のデータ要素に対する変数名Identifier

    例: 'Identifier'

    出力引数

    すべて折りたたむ

    プロパティ値は指定するカテゴリとプロパティに応じた、以下のいずれかの値です。

    プロパティ返される値
    StorageClass次のいずれかの値: AutoDictionary defaultExportedGlobalImportedExternImportedExternPointer

    データ型: char | string

    バージョン履歴

    R2020b で導入