Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データと関数の構成

ソフトウェアの統合を容易にするためのデータと関数のコード生成の設定

ラピッド プロトタイピング用のコードを生成するには、モデル データ要素の表現をコード生成用に構成します。モデル データ要素は、製品で事前定義されているコード定義 (ストレージ クラス) にマッピングして構成します。

概要については、モデル インターフェイス要素の C コード生成の構成を参照してください。

オブジェクト

coder.mapping.api.CodeMappingC コード生成用のモデル データおよび関数インターフェイスの構成
coder.mapping.api.CoderDictionarySimulink データ ディクショナリ内にある Embedded Coder ディクショナリの既定値のコード設定のクエリおよび指定

関数

すべて展開する

model_initializeSimulink モデルの初期化コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数
model_resetSimulink モデルのリセット コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数
model_stepSimulink モデルの各ステップの実行コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数
model_terminateSimulink モデルの終了コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数

コード マッピングの作成および検索

coder.mapping.api.getモデルのコード マッピングの取得
coder.mapping.utils.createC および C++ コード生成用にデータおよび関数インターフェイスを構成するためのコード マッピング オブジェクトを作成する
findモデル コード マッピングのカテゴリに対するモデル要素の取得

既定の構成

getDataDefaultモデルのデータ カテゴリに対する既定のストレージ クラスまたはストレージ クラス プロパティ設定の取得
setDataDefaultモデル データ カテゴリの既定のストレージ クラスとストレージ クラス プロパティの値を設定する

ルートレベルの Inport および Outport の構成

getInportルートレベルの Inport に対するコード マッピングからのコードおよびキャリブレーション構成の取得
getOutportルートレベルの Outport に対するコード マッピングからのコードおよびキャリブレーション構成の取得
setInportコードとキャリブレーション ファイル (a2l) の生成用のルートレベルの Inport の構成
setOutportコード生成とキャリブレーション ファイル (a2l) 生成用にルートレベルの Outport を設定する

パラメーターの構成

getModelParameterモデル パラメーターに対するコード マッピングからのコードおよびキャリブレーション構成の取得
setModelParameterコード生成とキャリブレーション ファイル (a2l) 生成用のモデル パラメーターを設定する

信号、状態、およびデータ ストアの構成

addSignalブロックの出力信号をモデル コード マッピングに追加する
getDataStoreローカルまたは共有のローカル データ ストアに対するコード マッピングからのコードおよびキャリブレーションの構成の取得
getSignalブロックの出力信号に対するコード マッピングからのコードおよびキャリブレーション構成の取得
getStateブロックの状態に対するコード マッピングからのコードおよびキャリブレーション構成の取得
removeSignalブロックの出力信号をモデル コード マッピングから削除する
setDataStoreコード生成とキャリブレーション ファイル (a2l) 生成用のローカル データストアまたは共有ローカル データストアを設定する
setSignalコード生成とキャリブレーション ファイル (a2l) 生成用のブロック信号データを設定する
setStateコードとキャリブレーション ファイル (a2l) の生成用のブロック状態の設定

Coder ディクショナリの構成

getDataDefaultデータ カテゴリに対する既定のコード設定の取得
setDataDefaultデータ カテゴリに対する既定のコード設定の指定
getFunctionDefaultモデル関数カテゴリに対する既定の関数カスタマイズ テンプレートまたはメモリ セクションの取得
setFunctionDefaultモデル関数カテゴリの既定の関数カスタマイズ テンプレートとメモリ セクションを設定する

ツール

コード マッピング エディターモデル要素とコード定義の関連付け

トピック

構成の基礎

データの構成

関数の構成