Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

データと関数の構成

モデル データ要素のモデルに依存しないコード定義を構成

コードの標準とガイドラインに準拠し、生成されたコードを外部コードと統合して、メモリ要件に対応するために、生成されたコードの関数、変数、データ型の宣言と定義を制御できます。たとえば、次のコード生成を構成できます。

  • データ要素: 要素をストレージ クラスと関連付ける

  • 再利用可能なエントリポイント関数: モデル コンフィギュレーション パラメーターを設定

  • C++ クラス インターフェイス: モデル コンフィギュレーション パラメーターを使用

関数

model_initializeSimulink モデルの生成コードでのエントリポイント関数の初期化
model_stepSimulink モデルの生成コードのステップ ルーチン エントリ ポイント
model_terminateSimulink モデルの生成コードの終了エントリ ポイント

トピック

データの構成

生成されたコードでのデータ表示を制御するストレージ クラスの選択

信号、状態、ブロック パラメーターなどのモデル内のデータ要素に適用するストレージ クラスを選択する。

個別の信号、状態、およびパラメーター データ要素へのストレージ クラスの適用

ストレージ クラスの直接の適用によって生成されたコードでのデータの表現を制御します。これは、コード マッピング エディターで指定する既定のストレージ クラスをオーバーライドするものです。

生成されたコードのパラメーター引数のパッケージ化の設定

生成されたコード内のパラメーター引数の実装をカスタマイズする。

関数の構成

モデルから生成されたコードの実行

ラピッドプロトタイピング用および組み込みシステムのランタイム環境用のシングルタスクおよびマルチタスク モデルから生成されたコードを実行します。

モデルのエントリポイント関数用のコード生成の構成

生成されたエントリポイント関数、それぞれのインターフェイスの制御法、そして関数が再利用可能で特定のメモリ領域に在るかどうかについて学習します。

ラピッド プロトタイピング モデル関数

ラピッド プロトタイピング コードを生成します。

最上位モデルからの再呼び出し可能なコードの生成

最上位モデルから、再利用可能な再呼び出し可能コードを生成します。

モデルまたはサブシステムのコードへの C++ クラス インターフェイスの生成

モデルまたはサブシステムから生成されるコードへの C++ クラス インターフェイスを生成します。