Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

コード生成の出力

読み込まれたモデルのコード生成にコード ジェネレーターが使用する出力タイプの選択

特定のターゲット プラットフォームで実行するコードを生成するには、モデルのコード生成の出力を設定します。以下のターゲット プラットフォームに対するコード生成を検討します。

  • アプリケーションの開発時に MathWorks® ソフトウェアを実行する MATLAB® 開発用コンピューター。

  • ラピッド プロトタイピング時にコードをテストするテスト ハードウェア。

  • 生成されたコードを展開する製品ハードウェア。

コード生成の出力はモデルについて指定するシステム ターゲット ファイル (STF) と言語によって制御されます。これらの設定は、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスおよびコード マッピング エディターで利用可能なコード生成オプションを制御します。これらのオプションを使用して、ターゲット ハードウェアで実行するように生成コードを構成します。

アプリ

Simulink Coderシミュレーションの高速化、ラピッド プロトタイピング、ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーションなどのアプリケーションで使用するために、Simulink モデル、Stateflow チャート、MATLAB 関数から C および C++ コードを生成して実行する (R2019b 以降)

関数

switchTargetモデル コンフィギュレーション セットのターゲットの選択

トピック