Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink Coder

シミュレーションの高速化、ラピッド プロトタイピング、ハードウェアインザループ (HIL) シミュレーションなどのアプリケーションで使用するために、Simulink モデル、Stateflow チャート、MATLAB 関数から C および C++ コードを生成して実行する

説明

離散時間システムを表すモデルから C または C++ コードを生成するには、[Simulink Coder] アプリを使用します。アプリを開くと、[C コード] タブが Simulink® エディター ツールストリップに追加されています。[C コード] タブには複数のセクションがあり、Simulink Coder ワークフローのステップを表しています。エディター ウィンドウのパネルを使用して、コード生成のためのモデルの準備、コードの生成とビルド、コード検証を反復することができます。

次の用途にアプリを使用します。

  • コード生成用にモデルを迅速に構成しながら、製品の基礎を学習する。Simulink Coder™ をはじめて使用する場合は、Simulink Coder クイック スタートを使用してコード生成用にモデルを準備します。Simulink Coder クイック スタートでは、基本となるコード生成設定が目的とアプリケーションに基づいて選択されます。Simulink Coder クイック スタートを開くには、[クイック スタート] をクリックします。

  • コード生成の目的を設定し、コード生成用にモデルを準備する。[C/C++ コード アドバイザー] をクリックします。

  • モデル全体のコード生成パラメーター設定を構成する。[設定] をクリックします。

  • データを構成する。[コード インターフェイス][既定のコード マッピング] または [コード インターフェイス][個々の要素コードのマッピング] を選択します。これにより、コード マッピング エディターとプロパティ インスペクターが開きます。

  • コードを生成するか、実行可能プログラムをビルドする。[ビルド][コード生成] または [ビルド][ビルド] を選択します。

  • 生成コードをレビューします。[レポートを開く] をクリックします。

  • サードパーティと共有するための、シミュレーションおよびコード生成の保護モデルを作成する。[共有][保護されたモデルの生成] を選択します。

  • 別のコンピューター システムに配布するために、生成されたコードとアーティファクトをパッケージ化する。[共有][コードの生成とパッケージ化] を選択します。

Simulink Coder App

Simulink Coder アプリを開く

[アプリ] ギャラリーの [コード生成] の下で、[Simulink Coder] をクリックします。[C コード] タブが開きます。

ヒント

  • モデルの階層構造を操作している場合は、Simulink エディター ウィンドウで [Simulink Coder] アプリを開いて、コードを生成している階層の最上位モデルを見つけます。[C コード] タブでは、エディターで開かれている階層の最上位モデルに対して機能が適用されます。

  • 参照モデル用のデータを設定するには、階層内のモデルに移動します。[コード インターフェイス][既定のコード マッピング] または [コード インターフェイス][個々の要素コードのマッピング] を選択することで、コード マッピング エディターとプロパティ インスペクターを開きます。これらのツールはアクティブなモデル (最上位モデルまたは参照モデル) に適用されます。

R2019b で導入