Main Content

find

モデル コード マッピングのカテゴリに対するモデル要素の取得

    説明

    modelElementsFound= find(myCodeMappingObj,category) は指定されたカテゴリのモデル コード マッピングの要素をオブジェクトの配列として返します。

    modelElementsFound= find(myCodeMappingObj,category,Name,Value) は指定されたプロパティと値の条件に一致する指定されたカテゴリのモデル コード マッピングの要素を返します。

    すべて折りたたむ

    モデル myConfigModel に対するモデル コード マッピングで、モデル ワークスペース パラメーターを検索します。

    cm = coder.mapping.api.get('myConfigModel');
    inportBlkHandles = find(cm,'ModelParameters');
    

    モデル myConfigModel に対して、ストレージ クラスが Auto に設定された Inport ブロックを検索します。見つかった各 Inport ブロックで、ストレージ クラス設定を Model default に変更します。

    cm = coder.mapping.api.get('myConfigModel');
    inportBlkHandles = find(cm,'Inports','StorageClass','Auto');
    setInport(cm,inportBlkHandles,'StorageClass','Model default');
    

    入力引数

    すべて折りたたむ

    関数 coder.mapping.api.get への呼び出しで返されるコード マッピング オブジェクト。

    例: myCM

    モデル コード マッピングで検索するモデル要素のカテゴリ。

    例: 'Inports'

    名前と値の引数

    例: 'Identifier','mp_table1'

    オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は一重引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,…,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を指定できます。名前と値のペアの引数の順序は重要ではありません。

    コード マッピングの検索条件に含めるデータ要素のストレージ クラス。事前定義済みのストレージ クラスまたはモデルに関連付けられた Embedded Coder ディクショナリで定義されているストレージ クラスの名前。指定可能な値は、指定するカテゴリに応じて変わります。

    コード ジェネレーターが生成されたコード内でデータ要素を識別するために使用する名前。Auto 以外のストレージ クラスに適用されます。

    データ型: char | string

    出力引数

    すべて折りたたむ

    見つかったモデル要素。オブジェクトの配列または string ベクトルとして返されます。各オブジェクトは指定されたカテゴリのモデル要素を識別します。追加の検索条件を指定する場合、配列または string ベクトルに、その追加の検索条件を満たす指定されたカテゴリのモデル要素のオブジェクトが含まれるようにします。要素に対して返されるオブジェクトは指定するカテゴリによって異なります。

    カテゴリ返されるオブジェクトのタイプ
    Inport、Outport、および Statesブロック ハンドル
    信号端子ハンドル
    DataStoresブロック ハンドル
    ModelParametersモデル パラメーター名

    バージョン履歴

    R2020b で導入