Main Content

getOutport

ルートレベルの Outport に対するコード マッピングからのコードおよびキャリブレーション構成の取得

    説明

    propertyValue = getOutport(myCodeMappingObj,outportBlock,property) は、指定されたルートレベルの Outport ブロックに対するコード マッピング プロパティまたはキャリブレーション プロパティの値を返します。たとえば、この関数を使用して、モデルのルートレベルの Outport に対して構成されたストレージ クラスまたはストレージ クラス プロパティの値を返したり、Outport のキャリブレーション アクセスを返します。

    すべて折りたたむ

    モデル rtwdemo_configrpinterface に対するモデル コード マッピングから、ルートレベルの Outport Out1 に対して構成されたストレージ クラスの名前を取得します。

    open_system('rtwdemo_configrpinterface');
    cm = coder.mapping.api.get('rtwdemo_configrpinterface');
    scOut1 = getOutport(cm,'Out1','StorageClass');
    

    モデル rtwdemo_configrpinterface に対するモデル コード マッピングから、ルートレベルの Outport Out1 に対して構成されたコード識別子を取得します。

    open_system('rtwdemo_configrpinterface');
    cm = coder.mapping.api.get('rtwdemo_configrpinterface');
    idOut1 = getOutport(cm,'Out1','Identifier');
    

    モデル rtwdemo_configrpinterface に対するモデル コード マッピングから、キャリブレーション アクセスなどのキャリブレーション プロパティを取得して、ルートレベルの Outport Out1 に対して構成された識別子を表示します。

    open_system('rtwdemo_configrpinterface');
    cm = coder.mapping.api.get('rtwdemo_configrpinterface');
    prop_export = getOutport(cm,'Out1','Export');
    prop_bitmask = getOutport(cm,'Out1','BitMask');
    prop_calaccess = getOutport(cm,'Out1','CalibrationAccess');
    prop_compname = getOutport(cm,'Out1','CompuMethod');
    prop_dispid = getOutport(cm,'Out1','DisplayIdentifier');
    prop_format = getOutport(cm,'Out1','Format');
    

    入力引数

    すべて折りたたむ

    関数 coder.mapping.api.get の呼び出しによって返されるコード マッピング オブジェクト (モデル コード マッピング)。

    例: myCM

    コード マッピング情報を返すルートレベルの Outport の名前、パス、またはハンドル。

    例: 'Out1'

    データ型: char | string

    値を返すコード マッピング プロパティ。モデルに関連付けられた Embedded Coder ディクショナリで定義されているストレージ クラスの場合、プロパティ名または次のいずれかのプロパティ名を指定します。

    返す情報プロパティ名
    ストレージ クラスの名前StorageClass
    生成されたコード内のルートレベルの Outport に対する変数の名前Identifier
    選択した Outport をキャリブレーション ファイル (a2l) にエクスポートするかどうかを示すブール値Export
    キャリブレーション ツールで Outport から単一ビットを抽出する 16 進数形式のマスク値BitMask
    キャリブレーションのアクセスを示す列挙値。Outport に対する Calibration は Outport がキャリブレーション可能であることを示します。NoCalibration は Outport が読み取り専用であり、キャリブレーション不可であることを示します。NoCalibration はプロパティの既定値です。CalibrationAccess
    キャリブレーション中に使用される変換メソッドの名前CompuMethod
    キャリブレーションでの Outport のオプションの表示名DisplayIdentifier
    キャリブレーション ツールで測定される Outport の表示形式の指定Format

    例: 'StorageClass'

    例: 'CalibrationAccess'

    出力引数

    すべて折りたたむ

    指定されたルートレベルの Outport に対して構成されたプロパティの名前または値。

    データ型: char | logical

    バージョン履歴

    R2020b で導入