Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

setOutport

コード生成とキャリブレーション ファイル (a2l) 生成用にルートレベルの Outport を設定する

R2020b 以降

    説明

    setOutport(myCodeMappingObj,outport,Name,Value) は、コードとキャリブレーション ファイル (a2l) の生成用に、指定されたルートレベルの Outport ブロックを設定します。この関数を使用して、指定されたルートレベル Outport をストレージ クラスおよびストレージ クラス プロパティの設定にマッピングします。これらの設定は、C コードを生成するためにコード ジェネレーターによって使用されます。または、その Outport に対するキャリブレーション アクセスを構成します。

    すべて折りたたむ

    モデル ConfigurationRapidPrototypingInterface に対するモデル コード マッピングで、モデル全体のルート Outport ブロックのストレージ クラスを Model default に設定します。

    openExample("ConfigurationRapidPrototypingInterface");
    cm = coder.mapping.api.get("ConfigurationRapidPrototypingInterface");
    outBlockHandles = find(cm,"Outports")
    setOutport(cm,outBlockHandles,StorageClass="Model default");
    

    モデル ConfigurationRapidPrototypingInterface に対するモデル コード マッピングで、ルートレベルの Outport ブロック Out1 のキャリブレーション プロパティを設定します。

    openExample("ConfigurationRapidPrototypingInterface");
    cm = coder.mapping.api.get("ConfigurationRapidPrototypingInterface");
    setOutport(cm,"Out1",Export=true);
    setOutport(cm,"Out1",CalibrationAccess="Calibration");
    setOutport(cm,"Out1",CompuMethod="CM_Outport");
    setOutport(cm,"Out1",DisplayIdentifier="outport_display_name");
    setOutport(cm,"Out1",Format="%4.2");
    

    入力引数

    すべて折りたたむ

    関数 coder.mapping.api.get の呼び出しによって返されるコード マッピング オブジェクト (モデル コード マッピング)。

    例: myCM

    設定するルートレベルの Outport の名前、パス、またはハンドル。複数の Outport を指定するには、cell 配列を使用します。

    例: "Out1"

    データ型: char | string | cell

    名前と値の引数

    オプションの引数のペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に配置しなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

    R2021a より前では、コンマを使用して各名前と値を区切り、Name を引用符で囲みます。

    例: StorageClass="ExportedGlobal"

    指定されたルートの Outport ブロックに対して設定するストレージ クラス。事前定義済みのストレージ クラスまたはモデルに関連付けられた Embedded Coder ディクショナリで定義されているストレージ クラスの名前。C コード生成のためのルートレベルの Outport ブロックの構成を参照してください。

    生成されたコード内で Outport を表す変数の名前。

    データ型: char | string

    キャリブレーション ファイル (a2l) で Outport を生成するために、このプロパティを有効にします。

    キャリブレーション中に Outport から単一ビットを抽出する 16 進数形式のマスク値。このプロパティは整数にのみ適用されます。

    データ型: hexadecimal

    Calibration を選択して、Outport のキャリブレーションを有効にします。NoCalibration を選択して、Outport の値を表示し、キャリブレーションを無効にします。

    読みやすくするために ECU 内部値を物理値に変換するメソッド名。

    データ型: char | string

    キャリブレーション ツールでの測定目的に応じた Outport のオプションの表示名。Simulink モデルの Outport 名とは異なります。

    データ型: char | string

    キャリブレーション ツールの測定に指定される特殊な表示形式。この形式の指定は Outport の CompuMethod で指定される表示形式よりも優先されます。

    バージョン履歴

    R2020b で導入