Main Content

model_terminate

Simulink モデルの終了コードが含まれる、生成された C/C++ エントリポイント関数

説明

void model_terminate(void) は、Simulink® モデルの終了コードを実行するために 1 回呼び出される、生成された C/C++ エントリポイント関数です。

モデルの終了エントリポイント関数の生成された呼び出しインターフェイスは、[言語] パラメーターと [コード インターフェイスのパッケージ化] パラメーターによって異なります。詳細については、コード インターフェイスのパッケージ化を参照してください。Embedded Coder® では、[終了関数の生成] パラメーターを使用して、モデルの終了関数を生成するかどうかを選択できます。アプリケーションを無期限に実行する場合は、このパラメーターをクリアします。詳細については、終了関数の生成 (Embedded Coder)を参照してください。

生成された C 終了エントリポイント関数の名前をプレビューおよびカスタマイズするには、Embedded Coder のライセンスが必要です。終了エントリポイント関数をプレビューするには、コード マッピング エディターを開いて [関数] タブをクリックします。関数名をカスタマイズするには、[関数名] 列でスプレッドシートをクリックして直接編集します。テンプレートを使用して関数をカスタマイズするには、[関数カスタマイズ テンプレート] 列で、関数に適用するテンプレートを選択します。詳細については、個々の C エントリポイント関数に対する名前の設定 (Embedded Coder)およびConfigure Default Code Generation for Functions (Embedded Coder)を参照してください。

生成された終了エントリポイント関数を確認するには、[コード] ビューまたはコード生成レポートを開いて、モデルのソース コードを調べます。詳細については、Analyze Generated Data Code Interface (Embedded Coder)を参照してください。

すべて折りたたむ

この例では、終了エントリポイント関数を設定、カスタマイズ、生成、および確認する方法について、基本的なワークフローを示します。この具体的な例では、モデル rtwdemo_irt_base の再利用できない C 終了関数を生成します。

  1. モデルを開きます。この例では、rtwdemo_irt_base を使用します。

  2. コーダーを選択します。アプリ ギャラリーで [Simulink Coder] または [Embedded Coder] をクリックします。

  3. パラメーターを設定します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスで、[終了関数の生成] を選択し、[言語] パラメーターと [コード インターフェイスのパッケージ化] パラメーターを設定します。この例では、パラメーターは各自に合わせて設定されています。

  4. (Embedded Coder のみ) 関数をカスタマイズします。Embedded Coder を使用して、終了エントリポイント関数の名前をカスタマイズできます。

    • コード マッピング エディターを開きます。

    • [Functions] タブを選択します。

    • スプレッドシートを直接編集します。[Function Name] 列で、関数の名前を入力します。

  5. コードを生成します。

  6. 生成されたコードを調べます。[コード] ビューで、生成された終了関数が想定された名前とパラメーターで表示されることを確認します。

入力引数

すべて折りたたむ

終了エントリポイント C/C++ 関数は、アプリケーション コードを終了させるインターフェイスを提供します。既定では、生成された関数は、引数をもたない void-void インターフェイスを提供します。

例: void

出力引数

すべて折りたたむ

終了エントリポイント C/C++ 関数は、アプリケーション コードを終了させるインターフェイスを提供します。既定では、生成された関数は、戻り値をもたない void-void インターフェイスを提供します。

例: void

バージョン履歴

R2006a より前に導入