Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR キャリブレーションおよび測定データ

実行時キャリブレーションと測定用のコンポーネント データの設定

AUTOSAR パラメーターと変数は、キャリブレーション ツールおよび測定ツールを使用して、AUTOSAR アプリケーションの実行時調整と監視をサポートします。AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントにマッピングされた Simulink® モデルを作成した後、コード マッピング エディターまたは等価の AUTOSAR map 関数を使用して、次の要素に対するコードおよびキャリブレーション属性を構成できます。

  • 次にマッピングされたモデル パラメーターまたはルックアップ テーブル:

    • AUTOSAR 定数メモリ

    • AUTOSAR 内部キャリブレーション パラメーター

    • AUTOSAR ポート パラメーター

  • 次にマッピングされる信号、状態、またはデータ ストア:

    • AUTOSAR の静的メモリ

    • AUTOSAR のインスタンスごとのメモリ

  • AUTOSAR ランナブルにマッピングされるモデルのエントリポイント関数

  • モデルのエントリポイント関数内の内部データ

ブロック

Curve1 次元関数を近似
Curve Using Prelookupあらかじめ計算されたインデックスと分割の値を使用して 1 次元関数の近似を加速
Map2 次元関数を近似
Map Using Prelookupあらかじめ計算されたインデックスと分割の値を使用して 2 次元関数の近似を加速
PrelookupCurve Using Prelookup ブロックまたは Map Using Prelookup ブロックで使用するインデックスと分割の計算

ツール

コード マッピング エディターコード生成用の AUTOSAR 要素のマッピング

関数

addSignalSimulink ブロック信号を AUTOSAR マッピングに追加する
getDataStoreSimulink データ ストアの AUTOSAR マッピング情報の取得
getFunctionSimulink エントリポイント関数の AUTOSAR マッピング情報の取得
getParameterSimulink モデル ワークスペース パラメーターに関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getSignalSimulink ブロック信号に関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getStateSimulink ブロック状態の AUTOSAR マッピング情報の取得
mapDataStoreSimulink データ ストアの AUTOSAR 変数へのマッピング
mapFunctionSimulink エントリポイント関数を AUTOSAR ランナブルおよびソフトウェアのアドレス メソッドにマッピング
mapParameterSimulink モデル ワークスペース パラメーターを AUTOSAR コンポーネントパラメーターにマッピング
mapSignalSimulink ブロック信号を AUTOSAR 変数にマッピング
mapStateSimulink ブロック状態を AUTOSAR 変数にマッピング
removeSignalAUTOSAR マッピングから Simulink ブロック信号を削除

トピック

コード生成用の AUTOSAR 要素のマッピング

コード マッピング エディターを使用して、Simulink のパースペクティブで AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを表示およびマッピングします。

AUTOSAR コンポーネント モデルから参照されるサブモデルのキャリブレーション データのマッピング

コード マッピング エディターを使用して、AUTOSAR コンポーネントから参照されるサブモデルの内部データを表示およびマッピングします。

AUTOSAR のキャリブレーションと測定のためのパラメーターおよび信号の設定

AUTOSAR の実行時キャリブレーションと測定のために、Simulink® のモデル ワークスペース パラメーターおよび信号を設定します。

測定およびキャリブレーションのための AUTOSAR データの構成

SwCalibrationAccessDisplayFormat および SwAddrMethod を含む AUTOSAR データ プロパティ (SwDataDefProps) を定義します。

AUTOSAR 測定およびキャリブレーション用のルックアップ テーブルの設定

Simulink.LookupTable オブジェクトと Simulink.Breakpoint オブジェクトを使用して AUTOSAR 統合ルックアップおよび分散ルックアップを実装する。

AUTOSAR のインスタンスごとのメモリの設定

ブロック信号、離散状態、またはデータ ストア メモリを使用して、AUTOSAR のインスタンスごとのメモリ (PIM) を設定する。

AUTOSAR の静的メモリの設定

ブロック信号、離散状態、またはデータ ストア メモリを使用して、AUTOSAR の静的メモリを設定する。

AUTOSAR 定数メモリの設定

モデル ワークスペース パラメーターを使用して AUTOSAR 定数メモリを設定する。

AUTOSAR 共有パラメーターまたはインスタンスごとのパラメーターの設定

モデル ワークスペース パラメーターを使用して AUTOSAR 共有パラメーターまたはインスタンスごとのパラメーターを設定する。

パラメーター コンポーネントと通信するための AUTOSAR ポート パラメーターの設定

パラメーター データへのポートベース アクセス用に AUTOSAR パラメーター受信側コンポーネントを設定する。