Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR 定数メモリの設定

AUTOSAR アプリケーション用に AUTOSAR 定数メモリをモデル化できます。AUTOSAR 定数メモリをモデル化するには、定数メモリ定義を ARXML ファイルからインポートするか、定数メモリのコンテンツを Simulink® で作成します。定数メモリの上位のワークフローの詳細については、静的メモリおよび定数メモリを参照してください。

AUTOSAR 定数メモリ (ConstantMemory) は、Simulink 内部グローバル パラメーターに対応します。AUTOSAR ランタイム環境では、キャリブレーション ツールで測定およびキャリブレーションのための ConstantMemory にアクセスできます。

AUTOSAR 定数メモリをモデル化するには、モデルで Simulink モデル ワークスペース パラメーターを使用します。AUTOSAR モデルでモデル ワークスペース パラメーター データ用の ConstantMemory ブロックを生成するには、コード マッピング エディターを開きます。[Parameters] タブを使用してパラメーターを ConstantMemory にマッピングします。以下に例を示します。

  1. ConstantMemory ブロックの生成対象となるモデル ワークスペース パラメーターが含まれる AUTOSAR モデルを開きます。この例では、モデル autosar_swc_counter を使用します。

  2. AUTOSAR コード パースペクティブで、コード マッピング エディターを開き、[Parameters] タブを選択します。使用可能なパラメーターのリストで、INC を選択します。パラメーターを選択すると、プロパティ インスペクターにパラメーター属性が表示されます。パラメーター インスペクターを使用して、パラメーター属性を変更します。[Mapped To] ドロップダウン リストで、[ConstantMemory] を選択します。パラメーター コードおよびキャリブレーション属性の詳細については、モデル ワークスペース パラメーターの AUTOSAR コンポーネント パラメーターへのマッピングを参照してください。

コードを生成すると、次のようになります。

  • エクスポートされた ARXML ファイルに [ConstantMemory] として設定したパラメーターの CONSTANT-MEMORYS 記述が含まれます。

  • 生成された C コードは定数メモリ パラメーターを宣言および参照します。

参考

|

関連する例

詳細