Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コード マッピング エディター

コード生成用の AUTOSAR 要素のマッピング

説明

コード マッピング エディターは、コード生成用に AUTOSAR 要素をマッピングするためのグラフィカル インターフェイスです。Simulink® モデルの入力端子、出力端子、エントリポイント関数などの要素を AUTOSAR コンポーネントの受信ポート、送信ポート、ランナブルなどの要素にマッピングします。

コード マッピング エディターには、モデルの入力端子や出力端子など、AUTOSAR プラットフォームに関連するモデル要素が各タブに表形式で表示されます。このビューを使用して、Simulink モデルのパースペクティブでモデル要素を AUTOSAR コンポーネント要素にマッピングします。マッピングの設定内容は、生成される AUTOSAR 準拠の C または C++ コードとエクスポートされる ARXML 記述に反映されます。

詳細については、以下を参照してください。

コード マッピング エディターでは、AUTOSAR マッピング情報を図として得られます。一括編集や要素のフィルターが可能なほか、モデル要素や AUTOSAR のプロパティに簡単に移動することができ、モデル要素のトレーサビリティも備えています。AUTOSAR コンポーネントのモデル表現を順次設定するには、次のコード マッピング エディター コントロールを適用できます。

  • [コンテンツのフィルター] フィールド – 現在のビューに一部の要素のみを選択して表示し、その他の要素を省略します。

  • [AUTOSAR ディクショナリ] ボタン – コード マッピング エディターの Simulink 要素のビューから AUTOSAR ディクショナリの対応する AUTOSAR 要素のビューに切り替えます。

  • [検証] ボタン – AUTOSAR コンポーネントの構成を検証します。

  • [更新] ボタン – Simulink を更新して、モデルの AUTOSAR マッピングに Simulink エントリポイント関数、パラメーター、信号、データ転送、関数の呼び出し元の追加、変更、削除など、モデルの変更を反映します。

コード マッピング エディター を開く

  • モデルに AUTOSAR コンポーネントが既にマッピングされている場合は、モデル ウィンドウで次のいずれかを実行します。

    • [アプリ] タブから、AUTOSAR Component Designer アプリを開きます。

    • 右下隅にあるパースペクティブ コントロールをクリックし、[コード] を選択します。

    AUTOSAR コードのパースペクティブでモデルが開き、コード マッピング エディターも表示されます。

  • モデルに AUTOSAR コンポーネントがマッピングされていない場合は、モデル ウィンドウで次のいずれかを実行します。

    • AUTOSAR コンポーネントのクイック スタートを使用します。

      1. [モデル化] タブで [モデル設定] を選択します。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成] ペインで、システム ターゲット ファイルを [autosar.tlc] または [autosar_adaptive.tlc] のいずれかに設定します。[OK] をクリックします。

      2. [アプリ] タブで [AUTOSAR Component Designer] をクリックします。AUTOSAR コンポーネントのクイック スタートが開きます。

      3. コンポーネントのクイック スタートの手順に従い、[終了] をクリックします。

    • Embedded Coder® モデルについては、Embedded Coder のクイック スタートを使用できます。

      1. Embedded Coder アプリを開いた状態で、[C コード] タブで [クイック スタート] を選択します。Embedded Coder のクイック スタートが開きます。

      2. クイック スタートの手順に従い、出力ウィンドウで出力オプション [AUTOSAR に準拠する C コード] または [AUTOSAR Adaptive Platform に準拠する C++ コード] を選択します。

      3. [終了] をクリックします。

    AUTOSAR コードのパースペクティブでモデルが開き、コード マッピング エディターも表示されます。

関連する例

R2018a で導入