Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR データ型

データ型と計算メソッドの設定

AUTOSAR 規格は AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントで使用するプラットフォーム データ型を定義します。Simulink® では、データ要素、オペレーション引数、キャリブレーション パラメーター、測定変数、インターランナブル変数などの要素で使用される AUTOSAR データ型をモデル化できます。ARXML ファイルから AUTOSAR コンポーネントをインポートすると、Embedded Coder® では AUTOSAR データ型がインポートされ、必要な対応する Simulink データ型が作成されます。コード生成中に、Embedded Coder はコンポーネント モデルで使用されるデータ型の ARXML 記述をエクスポートし、AUTOSAR データ型を C コードで生成します。

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの開発時に、コンポーネントのデータ型に関連する特性を設定できます。次に例を示します。

  • インポートした AUTOSAR 計算メソッド (CompuMethod) を変更するか、新しい CompuMethod を作成して設定する。CompuMethod は内部値と AUTOSAR データの物理表現間で変換を行う。

  • 内部データ制約のエクスポート方法を設定する。

  • アプリケーションのデータ型のエクスポートを設定する。

  • アプリケーション値指定でデータを初期化する。

  • AUTOSAR パッケージを構成し、エクスポートしたデータ型と関連する要素を集約する。

  • データ オブジェクトまたは要素のキャリブレーション特性を設定する。

関数

addPackageableElementモデルの AUTOSAR パッケージへの要素の追加
createEnumerationインポートした AUTOSAR 要素を操作するための Simulink 列挙データ型定義の作成
createNumericTypeインポートした AUTOSAR 要素を操作するための Simulink 数値データ型定義の作成
getAUTOSAR 要素のプロパティの取得
setAUTOSAR 要素のプロパティの設定

トピック